ベントレー フライングスパー・マリナーの新しいダークサイド「ブラックライン仕様」が登場!

これまで、クロームの放つ煌びやかな光沢が印象的だったベントレーラインナップだが、今回、フライングスパー・マリナーに「ブラックライン仕様」が追加されることが発表された。22インチホイールを始め、フロントグリル、ヘッドライトなど様々なディテールをブラックで引き締め、W12エンジンが成すフルパワフルな走りをさらに引き締めるプロダクトとなっている。

2021年に発表されたベントレー・フライングスパー・マリナーは、フライングスパーシリーズの最高峰モデルとして、現代のクラフトマンシップを先進する装備と豪華さを数多く備えている。今回、フライングスパーに「ブラックライン仕様」が導入された。明るいクローム仕上げに代わる現代的なエクステリアが特長となっている。

フライングスパー・ブラックライン仕様では、ベントレーの煌びやかなクロームパーツやその他光沢のあるパーツを、すべてグロスブラックに変更されている。フライングスパーで特徴的だったサテンシルバーのミラーカバーはグロスブラックに変更されており、フロント下部のグリルはブラックで統一され、丸目ヘッドライトもブラックエッジで囲われている。フェイス中央の大型スクエアグリルは、メッキの格子を取り入れており、まるで高級ホテルのような大人の余裕を見せつけてくれる。

ホイールには、コントラストポリッシュ仕上げの22インチホイール、またはクロームリングを備えた22インチ・グロスブラックホイールもオプションで用意されている。

ブラックライン仕様は、フライングスパーのV8、W12、および新型のV6ハイブリッドに適用されており、W12パワートレインは0-100km/h加速が3.8秒、最高速度333km/hを達成した。新型V6ハイブリッドは、0-100km/h加速が4.3秒、最高速度285km/hを達成している。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部