タントだけの「ミラクルオープンドア」は日常もレジャーも使いやすさ抜群!「ダイハツ・タントカスタム」【最新軽自動車 車種別解説】

Bセグメントにも使われるDNGAプラットフォームを採用し、ボックス型ミニバンに迫る存在感を持つ「ダイハツ・タントカスタム」。タント本来の使い勝手の良さに加え、 最大17種類もの予防安全機能を備え、従来からの子育てカーとしての側面は変わらないまま、全世代にアピールする走りの楽しさも持ち合わせている。
REPORT:青山尚暉(本文)/塚田勝弘(写真解説) PHOTO:平野 陽 MODEL:佐々木萌香

スムーズな発進と快適な加速感 安全機能は上級車に迫るほど

ダイハツ・タントは両側スライドドア、Bピラーレスのミラクルオープンドアを採用するプチバンとして子育て世代にアピールしてきたスーパーハイト系軽自動車。しかしこの四代目は、もはや子育てカーとは呼べないほどの完成度を備えている。ロッキーなどのBセグメントにも使われるDNGA(ダイハツニューグローバルアーキテクチャー)と呼ばれるプラットフォームを採用し、特にカスタムともなれば、ボックス型ミニバンに迫る迫力ある顔つき、存在感さえもち合わせているからだ。

エクステリア

撮影車両の外装色は、2021年9月の一部改良で加わった「ターコイズブルーマイカメタリック」。LEDリヤコンビランプは、クリアクリスタルで、スタイリッシュな後ろ姿を演出する。最小回転半径はグレードによって4.4m〜4.7m。

とはいえ、タント本来の使い勝手の良さはカスタムでも不変。運転席540mm、助手席380mmのロングスライド機構、後席5対5分割式240mmのスライド機構で、子育て世代を含むあらゆるユーザーの幅広い使い勝手に貢献している。また、ダイハツ自慢のスマアシも進化し、歩行者対応の衝突軽減ブレーキ、〝ブレーキ制御〞付き前後誤発進抑制機能など、最大17種類もの予防安全機能を揃えている。さらに2021年9月の一部改良では、このクラスではいち早くスマートパックとして電子パーキングブレーキとオートブレー キホールド機能、高速走行の機会が多いユーザーにうれしい全車速追従機能付きACC、コーナリングトレースアシストを用意(標準またはオプション)。上級車に迫る安心・安全機能を用意していることになる。

乗降性

運転席に座れば、ブラック基調のインテリアの質感の高さやシートの掛け心地の良さ、そして全方向の視界の良さに満足できるはずだ。このセミベンチタイプのシートであれば、長時間の運転も快適そのものである。もちろん、後席居住空間は広大。身長172cmの筆者基準で頭上に270mm、膝まわりに最大355mm(スライド位置による)ものスペースがあり、なおかつフロアに対してシートが高めにセットされているため着座、立ち上がり性ともに抜群だ。

「RS 」系は、本革巻のステアリングとシフトノブが標準装備となる。 また写真のスマホ連携ディスプレイオーディオのほか、ナビなどの多彩なセットオプションを設定。

タントカスタムの走行性能は、自然吸気モデルでも加速度先代比 %UPの恩恵で、出足からスムーズかつトルキーに発進、加速する。動力性能的には、平坦な市街地、高速道路ならストレスのないレベルにあり、軽く扱いやすくスッキリとしたパワーステアリングの操舵感、 14インチタイヤによるフラットで優れた乗り心地、カーブでの前後左右の姿勢変化の小ささが魅力。後述するターボモデルとの比較で差がつくのは、登坂路、高速走行が主と言っていい。

居住性

高性能・低フリクションダンパーを奢るターボモデルのRSグレードともなれば、登坂路、高速道路を問わない動力性能の余裕とともに、インチタイヤによる一段と上質な乗り味が際立つ。段差の通過でもスッキリといなしてくれるため、後席であっても快適感は上回る。ステアリングフィールもまたフリクションのないスムーズさがあり、ステアリングを切ればリニアに向きを変えてくれるから、走りが楽しい。このあたりはDNGAの面目躍如と言ったところだろう。

うれしい装備

月間登録台数   7957台タントを含む (21年8月〜22年1月平均値)
現行型発表    19年7月(一部改良 21年9月)
WLTCモード燃費  21.0 km/l ※「X」系のFF車

ラゲッジルーム

ちなみに全車ともに遮音、吸音性能は同等なのだが、エコスペシャルな 14インチタイヤより15インチタイヤの方がロードノイズを拾いにくく、より静かである。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.140「2022年軽自動車のすべて」の再録です。

http://motorfan-newmodel.com/integration/140/

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部