新素材グロスブラックで選択肢がますます豊富になったGRACE LINEのボディキット【新型アルファード&ヴェルファイアカスタム情報 #001】

金系ツートーンカラーを新採用で、新型ヴェルファイアのプレミアム感が大増幅!

●新型ヴェルファイア用エアロキット
●新素材グロスブラックを採用
●ボディラッピングでより個性的なスタイルに!

最速アフターエアロ第二弾は、ラッピングアレンジの「ヴェルファイア」

いち早く新型アルファード用ボディキットを完成させてきたグレースラインが、その勢いのまま今度は新型ヴェルファイア用ボディキットまでを開発完了。基本的にはアル用のスタイルを踏襲したものとなるが、ターボの設定があるヴェルに対してはよりスポーティさを意識したフロントスポイラーデザインを採用しているのが大きな特徴だ。

フロントはコーナーボトム部にエッジを効かせ、中央にダクト風のデザインプレスを刻むなど躍動的。中央ボトムを切り上げたサイドもスポーティで、ブロックデザインが印象的なリアは4本出しマフラー用、マフラーレス用の2タイプを設定する。

グリルガーニッシュやリアゲートスポイラーなどアシストパーツが豊富なのも魅力。コンプリートカーへの施工が基本となるラッピングも含めて、トータルで楽しむための準備は万端だ。

さらに今回、大きなトピックがひとつ。それが新素材、グロスブロック仕様の追加設定だ。

このグロスブラック、アクリルによる高輝度感な処理で、耐候性が高く塗装不要でそのまま使用できる。従来のABSとAE S、そしてこのグロスブラックも今後は選択可能に。必見。

AESとABSの違いって何?
一般的にエアロの素材として使用されるFRPと比較すると、ABSは耐候性があり、外部からのチカラに対する耐衝撃性に優れるのが特徴。塗装してから使用するのはFRPと同様だ。それに対してAESはABSの発展版のような素材で、耐候性と耐傷付き性に優れるため屋外での使用に適する。エムズスピード製ではシボ加工ツヤ消しブラック、カーボン柄ブラックという2種が設定されており、いずれも塗装なしでそのまま使用できるのもメリットだ。新素材となるグロスブラック仕様はABSの表層にアクリルを組み合わせたもの。ベースのグロスブラック感が生き、耐候性も高い新しいABS表現で、塗装なしで使用が可。

PRICE LIST
①フロントハーフスポイラー 9万6250円
②サイドステップ 10万3950円
③リアアンダースポイラー(マフラー4本出し用)  7万4250円
①②③セット価格 27万3900円
④フロントグリルガーニッシュ 4万4550円
⑤リアゲートスポイラー 4万4550円
⑥リアウインドウガーニッシュ 1万8480円
⑦ドアミラーカバー 2万1780円
⑧ピラーパネル 1万5730円
●エキゾーストシステム(ステンレステール) 17万8200円(チタンカラーテール) 18万9640円
■エアサス/ACC
■ホイール/エムズスピード・フォージドデザイン333(22×9.0J+34)
■タイヤ/ニットー・NT555(245/35R22)
※エアロ価格はAES製未塗装。ABS製、塗装済みの設定もあり。

新型アルファード&ヴェルファイアカスタム情報 まとめはこちら

STYLEWAGON(スタイルワゴン)2024年1月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

これで走れるって本当!? 新型アルファード、限界を突破するロースタイルに挑戦

●新型アルファードで具現化した最強のロースタイル ●ハンドルの切れ方を最適化する「センター…

谷口信輝選手のリアル評価は? HKSの車高調でローダウンした新型アルファード!

●HKSの人気車高調「ハイパーマックスS」、新型アルヴェル用プロトモデル完成 ●レーシング…

下げるならコレで! トヨタ車を知り尽くすレーシングドライバー「佐々木雅弘選手」が開発した新型アルヴェル専用パーツが登場!

●新型アルファード&ヴェルファイアの車高を約20mmローダウン ●レーシングドライバー・佐…

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon