3列シート車のメリット&デメリットをポイント解説【ホンダ・フリード編】3列シート車を買いたい

いま売れています! あなたにピッタリな3列シート車は? タイプ別・特徴指南【Sサイズミニバン】編

2列目シート
ひとくちに3列シート車といっても、それぞれに特徴がある。ここからは各タイプにどんなメリットやデメリットがあるのかをチェックしながら、どんなニーズに適しているかを指南していこう。第4回は、Sサイズミニバン、ホンダ・フリード。

コンパクトなボディの中に、アイデアが詰まっている

Sサイズミニバンは、Mサイズミニバンと全幅はほぼ同じ1700㎜以下ながら、全長が4200㎜前後と、500㎜ほど小さい。

そのため、コンパクトで取りまわし性に優れるのが特徴だ。Sサイズの代表車種であるホンダ・フリード、トヨタ・シエンタともに最小回転半径は5.2mとなっており、とくに市街地走行で扱いやすい車体サイズと言えるだろう。

▶▶▶「3列シート車を買いたい」ボディサイズ別の車両カタログ、買うならこんな方法など関連記事はこちらから


フリードやシエンタでは、3列シート仕様は、6人乗り(2/2/2)と7人乗り(2/3/2)が設定されている。Mサイズミニバンでは3列目シートは3人掛けとすることが多いが、Sサイズは2人掛けにすることで、各シートに余裕を持たせている。

Mサイズに比べて全長が小さいSサイズでは、前後方向の空間も小さくなるので、3列目シートの後方のラゲッジスペースを大きく取れない。

そのため、定員乗車(6人または7人)の際は、荷物の大きさや量(数)がある程度制限される。ただ、定員乗車ではないときの限られたスペースを有効活用できるようアレンジ方法が工夫されている。

3列目シートは、フリードでは左右跳ね上げ式、シエンタでは折り畳み収納式を採用することで、ラゲッジスペースを確保している。また、左右席のどちらかを収納してスペースとして利用することもできる。

コンパクトな車体にアイデアが詰まっているのがSサイズミニバンの特徴だ。

MODELCASE_04 Sサイズミニバン代表 ホンダ・フリード
扱いやすいコンパクトなボディサイズながら、エンジンルームの小型化や低床技術によって、3列目にも大人が快適に乗車できる空間を確保している。1.5ℓガソリンと1.5ℓ+モーターのハイブリッドをラインナップする。

【フリード主要諸元】
グレード●ハイブリッド クロスターホンダセンシング(FF)
全長×全幅×全高●4265×1695×1710(㎜)
車両重量●1430(㎏)
室内長×室内幅×室内高●3045×1455×1275(㎜)
エンジン種類● 直列4気筒DOHC+モーター
総排気量● 1496(㏄)
最高出力● 81[110]/6000(kW[PS]/rpm)
最大トルク● 134[13.7]/5000(N・m[㎏-m]/rpm)
使用燃料●レギュラー
WLTCモード燃費● 20.8(㎞/ℓ)
車両本体価格 ●278万1900円

Sサイズミニバンのポイント解説

コンパクトカーに匹敵する運転感覚が魅力
全長が4m台前半となっていて、全幅も5ナンバーサイズとなるため、3列目は上級モデルほどの広さは期待できない。その半面、取りまわしがよく、コンパクトカーと変わらない感覚でドライブできるのが強みとなる。

利便性に優れた日常のアシとして最適な選択
ミニバンの優れた利便性に魅力を感じるが、大きなクルマに乗るのは気が引けるという人や、使用する頻度が低くても3列目はあったほうがいいと感じている人に適している。誰でもスマートに扱えるというのも美点だ。

[Sサイズミニバン]の○と×

実用的で経済性にも優れた実力車【 ポイント別CHECK】

(1)乗降性

(2)2列目/3列目シート

(3)使い勝手

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon