【オーナー車探訪】自己ベスト更新!? 速く、そして壊れない!! 異次元なプロボックス/サクシードが完成!|プロサク最適チューン

初の愛車はクラッシュ「2台目の仕様変更で走りは別物となり……」最速営業車が完成!?|トヨタ・プロボックス

非力な商用2ボックスでありながらワンメイクレースが開催されるほど、走りの一台として評価されているのがプロボックス/サクシード。もちろん、タマ数豊富でお手頃な車両価格やMTモデル設定といった部分もあるのだが、プロサク専門店としてオリジナルパーツも多数揃えてチューニングへ取り組んで来たジャンプオフオートモービルの花本代表いわく「足まわりとタイヤ、LSDを与えるだけで驚くほど旋回性が高まって、とにかくハンドリングが楽しい。そこから速さを引き出していこうとすれば細かなセットアップが必要になりますけど、荷物もガッツリ積めてスポーツ走行まで楽しめるなんてプロサクぐらいですよ」とのこと。そんなプロサクの名手が導き出したチューンナップの内容をまずはチェックしていこう。

作手のコースレコードを目指しクルマもウデも鍛錬中!!

▶▶▶プロボックス/サクシードの最適チューン記事シリーズ一覧はコチラから!

免許取得直後に「多少ぶつけても気にならず、自転車やキャンプの趣味道具が積めて走れるクルマ」を探した際に、プロボックスしかないとの考えに至ったオーナー。

足まわりとタイヤを変えて作手サーキット主体にモーターランド三河や美浜サーキットを楽しんでいたが、クラッシュによって初の愛車は廃車に……。しかし、予測していなかった事態にもめげることなく2台目となるプロボックスを迎え入れ、新たな愛車には憧れていたジャンプオフオートモービルのフルコンや車高調、LSDを組み込んだ。

「2台目の仕様変更で走りは別物となり、自己ベストをイッキに2秒縮められました。パワーに頼らずフットワーク主体のマシンでドラテクを向上させて、さらなるタイムアップを狙っています。プロボックスはアウトドアからサーキット走行までこなせるのでお気に入りですね」。

なお、今後はエアロパーツなどスタイリング進化も構想中。どのような一台へ仕上げていくのか、期待大。

”ジャンプオフオートモービル”のデモカーは細部までエンジンチューン

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon