2022も注目度爆アゲ状態、レクサスLMルックのアルファード&ヴェルファイア! ステアリングもレクサス仕様に! #TAS2022

絶好調のレクサスLMコンバートプラン。ガソリン仕様も、ハイブリッド仕様も対応できます!【東京オートサロン2022現地直送!】

30アルファード&ヴェルファイアをベースにした、日本未導入のレクサスLMルックを楽しめるコンバージョンプランを手掛ける『Tスタイル』と、プラン開始以降、地元札幌で何台もそのプランを利用したクルマを販売しているショップ『ユニバーサル』の合同ブースで発見したLM仕様も会場で大きな話題に。

レクサス純正のヒーター付きステアリング移植もオプションで対応可能!

▶▶▶【東京オートサロン2022現地直送!】まとめはこちら

【universal × T-STYLE/ユニバーサル×ティースタイル】

レクサスLM仕様への移植プランは、ガソリンの「LM350」とハイブリッドの「LM300h」とあり、前後をそっくりLM純正パーツに換装するという移植キット。

対象は30系アルファード&ヴェルファイアであれば前期・後期ともに対応可能で、後期は2眼、3眼で選択肢が異なる。ガソリン仕様とハイブリッド仕様の差は(前後、ボディサイドの)エンブレムのみで、移植費用はガソリンで約250万円〜が目安とのこと。

Tスタイルでは移植に必要な純正パーツを在庫しており、オーダーがあれば最寄りのショップ等へ発送が可能と、供給体制も万全なんです(在庫は基本LM350のみ)。

オプションも複数あり、ボディサイドアンダーのメッキガーニッシュを追加できるほか、間もなくスライドドア+Bピラーパネルの販売も始めるなど、他社では真似できない領域までカバーできようになる予定。

さらに注目は、オプションでステアリングが移植できること。じつはLM純正はRX純正と同じなんだとか。LM同様のヒーター付きを、リアルに再現できるんです!

Photos by本間章悟 Text by杉山雄二

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon