どんな状況下でも大きな安心感! 静粛性や利便性も向上している、MITSUBISHI・デリカD:5の魅力を解剖

安全装備や便利オプションを解説! キャンプや車中泊、アウトドアユースにも最適な、三菱 ・デリカD:5ってどんなクルマ?(1)

ミニバンなのにSUVのように悪路走破性に優れているMITSUBISHI・デリカD:5。いつの時代もデリカは、ほかのクルマと決して被ることのない希有なる存在だ。ここでは、より先進的なフェイスデザインへと生まれ変わった新型デリカD:5を題材に、その魅力を徹底解剖していこう。

ボディサイズのわりに、取り回しも良好なのだ!

高い利便性と類いまれなる走破力を兼ね備え、普段のシティユースからアウトドアやキャンプまで使い倒せるデリカD:5。2019年のビッグマイナーチェンジでは、運転支援システムがアップデートされ、初心者や高齢者にも優しいクルマへと進化を遂げた。渋滞時でも使用できるレーダークルーズコントロールシステム(ACC)を装備しており長距離移動もラクにこなせる。

堅牢なフレームもデリカならでは。ボディ強度を飛躍的に向上させるリブボーンフレームにより高い安全性と走破性を実現。最低地上高は1185㎜あるのに加え、十分なデパーチャーアングルを確保しているので悪路も難なく走れる。車高が高いとネックになるのが乗降性だが、上位グレードの助手席&助手席側スライドドアには電動サイドステップが装備されているので、スムーズに乗り降りできる。

ボディサイズはそれなりに大きいが、視界が広いうえにスクエアなボディ形状なので運転しやすい。全幅が1785㎜に抑えられているので、狭い道でのすれ違いや駐車時も苦労することもない。最小半径も5.6mと意外に小回りが効くのもポイント。

防音、遮音対策を徹底したのもトピック。フロントガラスやルーフ、フロアやボディ側面などクルマ全体に対策を施すことで車内の静粛性は格段に高まっている。快適なドライブが可能だ。

自動ブレーキやクルコンも装備

オン・オフ問わず快適なその走り

▶▶▶デリカD:5のメカニズムまとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon