デリカdeリカバリー計画 006|超特急でデリカD:5のカスタムを決行! 最大の挑戦は、ボディカラーをチェンジしたオールペイント!

急転直下で一気にカスタム! マット系渋めのカラーで全塗装、陽射しを遮るサイドオーニングも導入しました!【#デリカdeリカバリー計画 Vol.06】

急遽決まったデリカファンミーティングに向けて、無謀とも思える突貫カスタムを敢行。その内容を今回と、来月10月号との2回に分けてレポート。まずは会場でも好評だったオールペイントとサイドオーニングから。

デリカdeリカバリー計画まとめはこちら

イベント会場でも大活躍だったバットウイングオーニング

意識したのは最近のアウトドアブームを反映したカスタム。それでいて斬新かつ大人テイスト。ボディはマット系の色で仕上げ、足元はブロックタイヤで決める。そしてルーフにはサイドオーニング装着という構成に。

1台丸ごと塗装するオールペイントは費用も時間もかかるが、それだけにクルマの個性を強く打ち出せる。施工はカスタムペイントを積極的に提案、本誌でもお馴染み 頼れるショップ ジェットストロークに依頼。褐色の大地を想起させるカラーのゴンドワナストーンとブラックの組み合わせが実に新鮮。これをマットで仕上げてもらった。光の当たり方で微妙に見え方が変化するのもまた良い感じ。

サイドオーニングはオートキャンプでは是非揃えたいアイテムだ。オーストラリア発のライノラック社のサンシーカーをチョイスした。同社の名前は「サイのように強いラック」という意味らしい。我が国ではエクシズルラインが輸入・販売を手掛ける。

ライノラックといえばまず浮かぶのは、車の周囲3/4を覆うバットウイングオーニングだ。なにしろインパクト大。今回大いに迷ったが、コンパクトにまとめようとサンシーカーにした。普段は写真のようにルーフサイドに格納されていて、使う時に引き出して組み立てて使う。まだキャンプでは使用していないが、ドピーカンだったデリカファンミーティングでは、陽射しを遮ってくれて大いに助かった。ボディのどちらのサイドにも取り付け可能で、今回は同社のパイオニアプラットフォームに取り付けた。

RHINO-RACK
●サンシーカー 2.0mオーニング 価格:5万160円
●パイオニアプラットフォーム 1528(長)×1426(幅) 価格:25万9160円

人気のマット系ペイント用、コーティング剤を開発中です

「特に年数の経っているクルマなら、まずはボディのキズやへこみを修正してからペイントします。ドアの内側からやるか等は、予算、納期やオーナーさんのこだわりもあります。そこは話を充分詰めて取り掛かります」と小田切さん。さすが丁寧な仕事で定評のあるジェットストローク。マット系ペイントについては「最近のアウトドアブームで旧いランクルやデリカなんかをベージュやオリーブ、グレーといったミリタリー系の色で仕上げるのが徐々に増えてきています」。ただし「お手入れはちょっと大変」とも。というのも「汚れたところをポリッシャーで磨けないという弱点がある」そう。「磨くと艶が出ちゃうから」だ。まずは「まめな洗車が長持ちさせる基本ですね。手洗いでなくても洗車機でも問題ないと思います」。

ーコーティング剤はないんでしょうか?

「実はジェットストロークでは現在、マットペイント用のコーティング剤を開発中です。今年の秋口くらいには出せるかなと。施工価格は10万円〜。効果は3〜5年くらい」で検討中とのこと。これは是非やらねば!! 

とはいえ、もともとアウトドアでガンガン使う想定のクルマ。「少しくらいのキズやへこみなんか気にしないでカーライフを楽しむ方が良いですよね」とも。もちろんケアは必要。要は、どれだけ愛車を慈しむかということにかかっているのだ。

JETSTROKE

超速カスタムREPORT PART2 予告

SPECIAL THANKS

●ジェットストローク(オールペイント)

●クリムソン(ホイール)
https://www.crimson-inc.co.jp

●ヨコハマタイヤ(タイヤ)

●エクシズルライン(ルーフラック&サイドオーニング)

●レアル(ステアリング)

https://real-s.biz

●ネクサスジャパン(ヒッチメンバー)

●ごぶやまパート2(タイヤ&ホイール取付等)

http://www.gobuyama2.com

●コルトスピード(ショック交換等)

http://www.colt-speed.com

●ジェイミスジャパン(グラベルバイク)

デリカdeリカバリー計画まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon