30系ヴェルファイアとベストバランスな21インチへインチアップ! 王道2×5スポークに斬新なアレンジ

王道なのに斬新!【30系ヴェルファイアに21インチ!】2×5スポークに緻密なデザイン&カラー

Lクラスミニバンと言われる30系アルファード&ヴェルファイア。そのボディサイズに見合ったインチアップをするとなると、車高などとの兼ね合いもあるが、20インチでも少し小さな印象を受けてしまうことがある。いまベストサイズと言われているのは、21インチ。

王道2×5スポークで味わい尽くすダブルマシニングの妙技

AMISTAD/REIHEN T025
アミスタット/ライエン T025

アミスタットのライエンT025は、まさに王道な2×5のツインスポーク。安定感があり、適度なボリューム感も備わるからアルファード&ヴェルファイアのシルエットにはぴったりで、持ち味である高級感をダイレクトに引き上げてくれる。

落ち着いた大人なアルファード&ヴェルファイアを目指すには、恰好の1本だ。

が、T025はただの定番の枠には収まらない。そこには先進で革新的な、T025にしかない個性がたっぷりと詰め込まれる。定番でありながら斬新。誰かのアプローチとカブりたくない、そんな人にこそ最適だ。

ひとつはライエンシリーズ特有の、大きさが異なるピアスボルトを二重で並べたダブルピアス構造。重厚感と華やかさを演出する、他にないアレンジだ。

もうひとつは、太さが異なる2種類のマシニング痕。ナットホール部やピアス台座には太いマシニングが、スポーク側面には細いマシニングが刻まれる。

ひとつの円にふたつのマシニング痕という独特の世界観。ステイタス性もバツグンだ。

独自のマシニングアレンジで高まるカスタム感

ダブルピアスボルトに、異なる2種のマシニング痕という、他にはない独特の世界観とその極上なフィニッシュこそがT025の武器。アル&ヴェルに相応しい王道な意匠だが、細部の造形は独創で先進的。いずれのアレンジも華やかさが増せるから、ホイールを変えた感も存分に堪能可。

1 / 3

「王道なのに斬新!【30系ヴェルファイアに21インチ!】2×5スポークに緻密なデザイン&カラー」の1枚めの画像
ブラックスクリットマシニング

2 / 3

「王道なのに斬新!【30系ヴェルファイアに21インチ!】2×5スポークに緻密なデザイン&カラー」の2枚めの画像
シャイニングシルバー

3 / 3

「王道なのに斬新!【30系ヴェルファイアに21インチ!】2×5スポークに緻密なデザイン&カラー」の3枚めの画像
カットラインブラック

【PARTS SPECIFICATION】
サイズ:20×8.0J〜12.5J、21×8.5J〜12.5J
ホール/PCD:5/114.3
価格:9万5700円〜12万2100円(20インチ)、11万4000円〜14万8500円(21インチ)
■COLOR:シャイニングシルバー、カットラインブラック、ブラックスクリットマシニング
■CONSTRUCTION:鋳造2ピース
※セミオーダーカラー対応

ストレートにLUXなNEWカラーが追加!

C010には既に設定されている『ブラックスクリットゴールドマシニング』がT025をはじめとするライエンシリーズにも追加。足元から一撃で伝わる確かな高級感を演出できる高級色だ。


著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon