アウトドアシーンで似合う最新コーディネイト! 実はアルファードも似合うオフ系スタイル

現行モデルの国内最高峰ミニバンにオフロードカスタムをすると!?【トヨタ・30系アルファード】

アルファード&ヴェルファイアといえば、国内屈指の高級ミニバン。カスタムの手法といえば、ローダウンに大口径が定石。しかし、アウトドアブームのいま、カスタムシーンでは、リフトアップ系の波が来ている。それはクロカンやSUVに限らず、ミニバンにだって届いているのだ。

国内最高峰であるアルファードは当然、都会の街並みに映えるラグジュアリーな装いがハマる。それは確かにひとつの正解なのだろうが、こんな定番だけがアルファードの楽しみ方でいいのだろうか。そんな考えから完成したのが、このアルファードだ。

現在、オフロード系スタイル界を牽引するスマッシュヒットホイール、デルタフォース・オーバルをプロデュースしているフォースからの斬新な提案だ。

それが、アルファードをオフ系に仕立てるというアプローチ。ポイントはあえて純正車高のままで、オーバルとオールテレーンのオフ系タイヤを足元に合わせている点。オーバルはアーバンな空気感も備わるから、シルエットがオフ系ではないアルファードにもすんなりとハマる。加えてゴツゴツなタイヤがムードを盛り上げるので、純正車高でもアゲた風に見せてくれる。

さらにデモカーではオフ系独特のワイルド感を底上げするために、各部の純正メッキをマットブラックへと変更。ドアノブやウインドウガーニッシュといった細部までを黒で引き締めることで、力強さが演出されている。

とどめはリアのグローバルタイト製ヒッチメンバーとヒッチカーゴというアウトドアギア。ワイルドなクロームデリートにオフ系の足元、そしてカーゴという明確なオフ要素。これならキャンプ場でも、映えまくりだ。

オフルックを促進するワイルドな足元

足元にはデルタフォース・オーバルを。ビードロックスタイルを踏襲するなど確かにオフ系な仕立てなのだが、角を落とした柔らかみのある六角形の窓を持つなど、スパルタンすぎない雰囲気なのがオーバルの魅力。いわゆる街オフ系なルックスとも好相性で、アーバン色の強いアルファードにもすんなり似合ってくれる。サイズはアルヴェル専用設計で、フィッティングがバツグンなのも特徴。大きくコンケイブしたフェイスと、突出するセンターキャップとのコントラストからなる精悍さも必見。


ブロックデザインのタイヤと相性抜群!!
デモカーに装着されていたのはBFグッドリッチのオールテレーンT/A KO2。ゴツゴツしたワイルドなトレッドデザインで、しかもホワイトレターが採用されたモデルだからオフロードテイストの盛り上げには最適。アルファードであってもこのタイヤを履けば、グッと精悍でオフな印象で仕上げられるから注目だ。ちなみにデルタフォースのオーバルも、スパルタンすぎないとはいえれっきとしたオフ系モデル。ブロックタイヤとの相性に長けることは説明不要か。
DELTA FORCE/OVAL
デルタフォース/オーバル

あえての“脱メッキ”クロームデリートでマッシブさを演出

メッキはラグジュアリーの象徴で、アルファードの特徴でもあるパーツ。だからこそそれを徹底的に消去してしまえば、全体のイメージを劇的に変えることができるのだ。印象的な大型グリルはもちろん、デイライト周辺のメッキガーニッシュ、リアガーニッシュなど、デモカーでは装着されているすべてのメッキパートを、マットブラックの塗装でチェンジ。それでいてハイブリッドのブルーはあえて残すというメリハリの効いたコーデ術で、マッシブさだけでなくアルファードらしさも絶妙に薫らせているのがポイントだ。セミグロスやグロスのブラックという選択肢ももちろんアリだが、マットはアーミー感も備わるためオフ系に振るならオススメ。ぜひともチャレンジを。

アウトドアギアで雰囲気を盛り上げる

クロームデリート×ホイール&タイヤのみでも十分なオフテイストを発揮できるのだが、そこへさらにアウトドアギアをプラスすれば、方向性はより明確になる。デモカーの場合はそれがリアに搭載したヒッチカーゴ。見た目のインパクト、オフ感が爆上がりするのはもちろんだし、実際にアルファードでキャンプやアウトドアを楽しむのなら、実用面からもこうしたアプローチは有効。未使用時は折り畳めるから、街中での走行にも支障はない。ルーフラックやオーニングなどを組み合わせるのも効果的だ。


【SHOP DATA】アップルオート
オフルックコーディネイトは「アップルオート」でオーダー可能

デルタフォース・オーバルを軸としたオフ系カスタムは、アップルオートで再現してもらうことが可。塗装が定着しにくいメッキパーツへのマットペイントも得意で、それ以外のカラーでも好みに応じて対応してくれる。ちなみにカスタムに精通するだけでなく、車検や整備、コーティングなど取り扱うメニューはマルチ。クルマに関するあらゆる相談に乗ってくれる。
住所:兵庫県宝塚市高司4-1-7

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon