LM仕様によく似合う! プレミアム感を彷彿させるマルチピースをセレクト!

【30系トヨタ・アルファード】LM仕様に絶妙にマッチする足元メイク

LM仕様の新車コンプリートパッケージに似合うホイールはどんなタイプなのか? 実際にセレクトしたユーザーのケースを紹介します。

ウェッズの旗艦モデルをチョイス

マルチピースのデザインクローム

ALPHARD×LEXUS LM

 

「妥協しないカスタムで、LM仕様ならではのプレミアム感を演出したい」。

サンヤード・大島店長のこだわりに感化され、LM仕様の新車コンプリートパッケージをオーダーしたOさん。

ベース車は後部座席にエグゼクティブパワーシートを標準装備するSCグレード。

そしてLM純正パーツを移植し、LMルックのハイグレード感に負けない存在感を打ち出すためにこだわったのがホイール&タイヤのチョイス。

ウェッズのフラッグシップブランドとなるクレンツェのイヤーモデル、ジルドーン。

ボディとのバランス感に優れた21インチを選択し、カラーはデザインクロームを。

「定番のポリッシュではなくて、艶感が段違いのデザインクローム。メッキパーツを潤沢に使っているLMだからこそ、デザインクロームでコーディネイトを狙いました」。

そしてタイヤは運動性能にすぐれ、タイヤショルダーのデザインが強調されるミシュランに。

一方で新たな提案として製作したのがブラックボディのLM仕様。

こちらも見せ場はホイールで、ライエンT025の新色「ブラックスクリットゴールドマシニング」をいち早く履きこなした。

「従来のマシニングモデルもありですが、ゴールドカラーが差し色で入ることで一気に映えるスタイルに。差し色といえば赤などが定番ですが、高級感が際立つという意味でも、ゴールドはかなり面白い。とても個性的に仕上がると思います」。

両車ともにホイールはハイクラスな組み立てモデル。さらに色へのこだわりも。

LM仕様だからこそ、ホイール選びに妥協はない。

 

OWNER/O.Yさん(大阪府)

1 / 6

「【30系トヨタ・アルファード】LM仕様に絶妙にマッチする足元メイク」の1枚めの画像
LMのアイデンティであるスピンドルグリル。ホワイトボディとメッキグリルの組み合わせは、ブラックボディとは異なる清潔感ある品格を漂わせる。

2 / 6

「【30系トヨタ・アルファード】LM仕様に絶妙にマッチする足元メイク」の2枚めの画像
グリル_エンブレム

3 / 6

「【30系トヨタ・アルファード】LM仕様に絶妙にマッチする足元メイク」の3枚めの画像
ヘッドライト

4 / 6

「【30系トヨタ・アルファード】LM仕様に絶妙にマッチする足元メイク」の4枚めの画像
前後バンパーとのバランスを整えるサイドステップ。メッキガーニッシュが、ボディサイドにアクセントを与える。

5 / 6

「【30系トヨタ・アルファード】LM仕様に絶妙にマッチする足元メイク」の5枚めの画像
リアバンパーはもちろん、エンブレム類もレクサスLM純正にスイッチ。ひと目でLMと分かる圧倒的存在感。

6 / 6

「【30系トヨタ・アルファード】LM仕様に絶妙にマッチする足元メイク」の6枚めの画像
新車ベースでLM仕様へチェンジしているため配線処理も最小限。ウインカーも当然シーケンシャル仕様となる。

1 / 2

「【30系トヨタ・アルファード】LM仕様に絶妙にマッチする足元メイク」の1枚めの画像
ジルドーンに組み合わせたタイヤは225/35-21サイズ。ミシュランタイヤはショルダーデザインが一般的なタイヤよりも厚く、存在感がグッと主張される。

2 / 2

「【30系トヨタ・アルファード】LM仕様に絶妙にマッチする足元メイク」の2枚めの画像
フェンダー内へタイヤ&ホイールをおさめるためにフロントはピロアッパーの調整、リアはアーム交換。ただし極端なキャンバールックが付かないようセッティングしている。

【SPECIFICATION】
●BASE:アルファード(令和3年式/SC)
●WHEEL:ウェッズ・クレンツェジルドーン(21×F8.5+35、R10.0+38)
●TIRE:ミシュラン・パイロットスポーツ(F225/35-20、R255/30-20)
●EXTERIOR:ヘッドライト/テールレンズ/フロントバンパー/リアバンパー/フロントグリル/ボンネット=レクサスLM純正
●LOW DOWN:エアサス=ACC
製作SHOP:サンヤード

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon