設営楽々で大人2人+子供1人がゆったり寝られる!快適『車上泊』のためのルーフトップテント

テント泊よりもさらにワクワク!【魅力の車上泊】屋根上の楽々寝床作り! ルーフトップテントが流行ってる!

キャンプ、車中泊とアウトドア泊の楽しみ方は様々だが、いま注目を浴びているのは、『車上泊』。必要なのは、クルマの屋根の上に取り付けたルーフ専用テント「ルーフトップテント」だ。カスタムコンプリートカー販売で人気のフレックスには、デザイン性と快適性に優れたオリジナルのルーフトップテントがある。

プラドの屋根上にある無限の可能性

フレックス印のルーフトップテント

全国各地に店舗を構えるフレックス。ランドクルーザーシリーズは専門店があるほど力が入っている車種で、150系プラドの新車コンプリートカー販売から、90系プラドをベースとしたリノカのコンプリートカー「アメリカンクラシック」も展開。もちろんカスタマイズにも豊富な知識で対応してくれる。

そんなフレックスの新提案のひとつがこの「ルーフトップテント」。FLEXロゴが入っていることからわかるとおり、オリジナルの最新アイテムで150系プラドにもバッチリとマッチング。アウトドアはやってみたいけど、テントとか準備が大変そう、と思っている人に打ってつけ。

さらにはテント+αの寝床確保として、屋根上の有効活用はいまアウトドアシーンで大注目。ぜひともチェックしておきたいポイントだ。

少ない手数で簡単セットアップ

ワンタッチ! というわけにはいかないが、設置&収納はかなり楽ちん。ロックを解除してオープン。内側からサイド部のステーを固定していけばOK。通常のテントのように、ペグ打ちやポールを通すなどの作業がないため、アウトドアビギナーにもうれしい仕様なのだ。

1 / 3

「テント泊よりもさらにワクワク!【魅力の車上泊】屋根上の楽々寝床作り! ルーフトップテントが流行ってる!」の1枚めの画像
1

2 / 3

「テント泊よりもさらにワクワク!【魅力の車上泊】屋根上の楽々寝床作り! ルーフトップテントが流行ってる!」の2枚めの画像
2

3 / 3

「テント泊よりもさらにワクワク!【魅力の車上泊】屋根上の楽々寝床作り! ルーフトップテントが流行ってる!」の3枚めの画像
3

収納時はスリムなハードケースでスタイリッシュなフォルム

収納時は写真のようにスリムな見た目に。この中にテント一式が入っているようには見えないスマートな仕様だ。プラド全体の雰囲気を損なわないスタイリングも魅力のひとつ。

伸縮型の専用ラダーが付属

リフトアップをしていなくとも、SUVやミニバンの場合、何も道具を使わずにルーフに上がるのはかなり大変。フレックスのルーフトップテントには、テントへの乗り降りがスムーズにできるラダー(ハシゴ)も付属。伸縮タイプなので、収納もコンパクトに済む。

ルーフテントの耐荷重は270kg

大人2人、子供1人がゆったり寝られる

【PARTS SPECIFICATION】
フレックスオリジナルルーフトップテント
■価格:29万7000円

Photos by土屋勇人
スタイルRV Vol.150 ランドクルーザー・プラド No.4より

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon