ルネサスが、同社初となる業界トップクラスの精度と低消費電力を両立させた車載用レーダトランシーバ「RAA270205」を開発。

ルネサス エレクトロニクスはルネサスとして初めて車載レーダトランシーバ「RAA270205」を開発したことを発表した。2023年第1四半期からサンプル出荷が開始され、2024年から量産が開始される予定。

新型レーダトランシーバは、ルネサスが買収したSteradian社と共同で開発された4×4チャネル、76~81GHz帯のレーダトランシーバにより、ADAS用センサフュージョンのポートフォリオが拡充されている。

新型レーダトランシーバ「RAA270205」の使用可能な周波数範囲は76G〜81GHz。4チャネルのトランスミッタ(Tx)回路と4チャネルのレシーバ(Rx)回路が搭載されている。新製品は、ADAS(先進運転支援システム)およびレベル3以上の自動運転システムの要件を満たすように設計されている。ルネサスは、本格的に車載用レーダ市場へ参入することにより、従来注力する車載カメラシステムやその他センシングシステムとも組み合わせて、センサフュージョンのポートフォリオを拡充する方針を示している。

新たなトランシーバMMIC(モノリシックマイクロ波集積回路)は、ルネサスが本年買収したSteradian社と共同で設計されている。前方監視長距離レーダや4Dイメージングレーダに適しており、さらにコーナレーダや、集中型アーキテクチャのサテライトレーダにも使用することができる。新製品は4Txおよび4Rxチャネルを搭載しており、最大16チャネルのMIMO(マルチインプット・マルチアウトプット)レーダに対応。また、カスケード接続により、さらに多くのチャネル数とレーダ分解能を実現することができる。

新製品は、最大5GHzの周波数帯域で、112.5MSPS(メガサンプル/秒)と高いサンプリングレートのA/Dコンバータを搭載している。レシーバ回路の雑音指数(NF)は9dB。最大300MHz/µs(メガヘルツ/マイクロ秒)の高速チャープ変調により、レーダ分解能および物体検出性能を向上させる。消費電力は1.2Wと極めて低く、高精度と低消費電力を両立しさせている。パッケージは7.6mm×5.6mmと小型のeWLB。車載品質規格のIATF 16949、AEC-Q100 Grade2に準拠し、機能安全規格ASIL Bの要件にも対応が可能である。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部