日本板硝子:カナダの事業所にNSGグループ初の蓄電システムを設置

日本板硝子(NSG)は、エネルギー消費量とCO2排出量の削減の施策の一環として、Convergent Energy + Powerと提携して、同社グループ初の蓄電システムをカナダオンタリオ州のコリングウッド事業所に設置した。

 出力5MW/容量10MWhのこの蓄電システムは本年上半期からフル稼働しており、Convergentの独自ソフトウエアであるPEAK IQを使用して、最もコストが高くまたCO2排出量の大きい、送電網電力の消費ピーク時間帯に、工場の電力消費を低減することができる。蓄電システムは、ピーク時間が予測されると、送電網からコリングウッド工場に供給される電力を削減する。これは、蓄電システム開発企業とガラス製造工場が相互に恩恵を受ける、NSGグループにとっての初の試み。

 このシステムは、新型コロナウイルス感染症が拡大中であった2020年後半~2021年前半の冬期に設置が行われたため、とりわけ厳しい安全基準を徹底的に遵守しながら工事が進められた。最大450,000カナダドル/MWの削減目標を達成することを目指して、Convergentは、サプライチェーンの大幅な混乱を様々な工夫で乗り切り、また地元の企業と協力することで新型コロナウイルス感染症による人々の移動制限の中でも遅滞なく工事を進めた。

 これは、コリングウッドの地域社会とオンタリオ州によるより効率的で持続可能な電力グリッド整備の取り組みを支援するというNSGグループのコミットメントの一環でもある。NSGグループは、新型コロナ感染症拡大の中、蓄電システムを迅速かつ安全に立ち上げた、設計から建設にわたるConvergentの専門性を高く評価している。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部