「世界初か!?」現行のND型ロードスターにロータリーエンジンを搭載!

RX-8の心臓部を純正のようにインストール!

コンプリートメニュー化を検討中!?

ロータリーエンジン搭載車が全国各地から集結した“ロータリー魂2021”で、ひときわ異彩を放っていたのがこのスカイブルーのロードスターだ。

エンジンルームを覗くと、そこにはRX-8の13B-MSP型ロータリーエンジンが違和感なく換装されているではないか! 手掛けたのは、長野県に店舗を構えるロードスター専門店の“ガレージアイ”だ。

「ロータリー仕様のロードスターは存在していますが、どれも旧型モデルがベースですよね。だったら現行型のロータリー搭載車両をウチが作ってみようと思いまして(笑) 」とは、ガレージアイの駒場さん。

続けて「換装にあたっては、シフトノブの位置を基準にエンジン搭載ポイントを決めたんですが、バルクヘッド付近にはまだ隙間があるので、3ローターエンジンでも問題なく収まると思いますよ」とのこと。

なお、ミッションはND5RC純正ベースにSE3P純正を組み合わせたスペシャルで、コンピュータはハーネスを加工&製作してRX-8純正を動かしているそうだ。

「ノーマル風」も大きなテーマだったため、メッシュホースなどは使わず、RX-8とロードスターの純正パーツを駆使してチューニング感を極力払拭。レイアウトの都合上、インテークはワンオフのカーボンサクションボックスに変更されている。

エキゾーストマフラーは、RE雨宮のRX-8用ドルフィンテールをベースにしたスペシャル。テール位置に合わせてリヤバンパーには切り欠き加工が追加された。

エクステリアは「誰でも真似ができるように」と、市販品を使ってメイクアップ。フロントからリヤまで、すべてスタイリッシュなガレージベリー製で統一している。ちなみに、スカイブルーのボディカラーはオールペイントによるものだ。

ホイールはボルクレーシングTE37V(F7.5J×17 R8.0J×17)で、タイヤにはブリヂストンのポテンザS001(215/40-17)をチョイス。

サスペンションはDG-5と共同開発したオリジナルスペック(F9kg/mm R4kg/mm)で硬め、250psのパワーを受け止めるべくブレーキもエンドレスのキャリパーキットによって制動力を引き上げている。

デフはロードスター用をそのまま使い、ファイヤナルギヤはAT用の4.1を組み合わせる。

エンジンルーム同様にインテリアも純正然とした仕上がりで、メーターはロードスター純正が問題なく機能するようにしている。統一感を出すために、ドア内側をボディカラーとは異なるブラックでペイントしているのもポイントだ。

シートは室内空間の狭いロードスターに最適なブリッドのゼロVSで、レアな刺繍入りのRE雨宮仕様を2脚セットでインストールしている。

「近い将来、この13B-MSP換装をコンプリートメニュー化しようと考えています。いずれはRX-7の13B-REWを積んだ仕様も作ってみたいですね」と闘志を燃やす駒場さん。気鋭チューニングショップによる野心作、今後の展開が楽しみなチューンドだ。

●取材イベント:ロータリー魂2021
TEXT&PHOTO:Daisuke YAMAMOTO

【関連サイト】
GARAGE-I
http://www.lcv.ne.jp/~komaba7/sub4.html

著者プロフィール

yamamoto 近影

yamamoto