「このNC1型NSXは透明度が高すぎる!」カンサイサービス流の調律術が光りまくる絶品チューンド

極限領域の追求ではなく素材の魅力を引き出すノウハウ

純正が持つ驚異的なポテンシャルを伸ばしたカンサイサービスNSX

「絶対的なパフォーマンスアップこそがチューニングの醍醐味」と言われることもあるが、カンサイサービスの考えるチューニングはそれとは異なる。素材の魅力を活かし切る、いわば“完全調律”だ。

ジャパニーズスーパーカーとして2017年(日本市場)に登場したNSX。カンサイサービスほどのチューナーであれば、業界で話題になりそうなスーパーチューンドを仕立てる事もできたはずだが、デモカーは必要最小限のファインチューンに留めているのだ。

その理由は「お客さんの参考にならない改造はしたくない。目立つのは他のショップさんに任せればええんです。僕はそう思う」という、向井代表の言葉に表れている。

向井代表は、V6ツインターボ+3モーターが生み出す速さを高く評価している。そのため、エンジン系はインタークーラーパイピングのみをリメイク。膨張ロスを抑制するために、ゴムホースからシリコンホースへとアップデートしたのだ。さらに、結晶塗装仕上げのパイピングによって高級感あるアクセント付けも行われた。

続いてサスペンション。NSXはインテグレーテッド・ダイナミクス・システムによって、走行モードごとに統合制御を図っている。

そのため、フットワークはダンパーやスプリングを純正のままとし、オリジナルの車高調整アダプターでフロント10mm、リヤ20mmほど車高ダウン。ステージによってはロールが大きく感じることもあるため、スタビライザー強化での味付け変更を思案中だ。

足元は、フロント20インチ(9.0J+47)&リヤ21インチ(12J+45)の1インチアップを敢行。アドバンレーシングGTのシンプルスポーティな5本スポークデザインが、NSXの流麗なボディを引き締める。タイヤは、コンチネンタルのコンチスポーツコンタクト6(F255/30-20 R325/25-21)だ。

室内はストック状態をキープ。ただし、ドライバーズシートは「異次元のコーナリングフィールに純正では耐えられない」という理由から、ホールド性に優れたレカロのRS-Gに変更している。

圧倒的なパフォーマンスを持ったスーパーカーであっても、その性能は100%ユーザーにマッチしたものではない。そのズレを最低限の手数で修正していき、理想の1台へと仕上げていく。素材の魅力を引き出す事に心血を注ぐ、カンサイサービスらしい作品だ。

●取材協力:カンサイサービス 奈良県奈良市小倉町1080 TEL:0743-84-0126

【関連リンク】
カンサイサービス
http://www.kansaisv.co.jp

著者プロフィール

weboption 近影

weboption