「4万円ながら驚異的な高機能!」デフィから新作の小型マルチメーターが鮮烈デビュー

デリバリーは2022年7月スタート予定

製品スペックを考えれば破格だ!

計器類のリーディングカンパニーとして知られる日本精機の“デフィ”ブランドから、新作のマルチメーター「アドバンスFD」が発売されるというニュースが舞い込んできた。

この製品は、2021年2月に生産終了となった「アドバンスZD」の後継モデルという位置付けだ。ディスプレイ部が、有機ELから独自のフルカラーTFT液晶へと進化を果たしているのが大きなトピックとなる。このTFT液晶はバイク用に開発された日差しの影響を受けづらいタイプで、低反射ガラスとの組み合わせにより視認性が大幅に高められている。

さらに操作スイッチは別体の脱着可能タイプとすることで、フルハーネス装着時の操作性も担保された。

表示項目は、ブースト圧、インマニ圧、油圧、燃圧、油温、水温、排気温、エンジン回転数、スピード、電圧、オド、トリップの12種類で、最大6項目を同時に表示させることが可能だ。

価格は4万700円で、リリース開始は2022年7月が予定されている。アドバンスZDからの進化内容を考えれば破格以外の何者でもないだろう。

●問い合わせ:Defiお客様相談室 TEL:0258‐24‐5221

日本精機株式会社
https://www.nippon-seiki.co.jp/
デフィ
https://www.nippon-seiki.co.jp/defi/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption