「頭文字Dファン必見!」高橋啓介FD3Sと秋山渉AE86レビンのバトルがスケールモデル化

迫力の名バトルが1/64スケールに!

路面プリント済みの台座も高級感満点

模型メーカー“インターアライド”から、走り屋漫画の金字塔“頭文字D”のプロジェクトD編『高橋啓介FD3S vs 秋山渉AE86レビン戦』を再現したスケールモデルが登場する。

エアロパーツやホイールなど、細部に至るまで原作の仕様を忠実に再現。スケールは1/64サイズだ。なお、製品パッケージのバックボードには劇中のイメージイラストが描かれ、路面プリント済みの台座部にはキャラクターイラストをデザインした専用プレートが付属する拘りっぷりだ。

価格は5280円(クリアカバー付属)で、発売は2022年10月下旬が予定されている。頭文字Dファンなら、コレクションに加えたいアイテムだ。

●問い合わせ:インターアライド TEL:045-549-3031

【関連リンク】
インターアライド
http://shopping.interallied.co.jp/type/modelcar/new-md64210-1-64-d-vol.10rx-7-fd3s-and-ae86/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption