MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

ダイハツ コペン新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年に登場したFFオープン2シーターの二代目モデル。高い曲げ剛性やねじり剛性を誇る“Dフレーム”の採用でボディパネルが応力を受け止める必要がなくなり、外装デザインの自由度が向上。Robe(ローブ)、2トーンのボディパネルを持つXPLAY(エクスプレイ)、丸形ヘッドライト採用のCero(セロ)と3種類のスタイルが用意される。全車0.66ℓ直3ターボ(64ps)に7速CVTまたは5速MTを搭載。

休日の道路を楽しく彩る。走りの質も高い 総合評価:8点

軽自動車でリトラクタブルルーフを採用するとは、何とスゴいことをやっているんだろうと唸らされる。オープンエアドライビングを簡単に楽しめることに加え、耐候性高く、そしていたずらなどへの恐れが少ないといったメリットは当然として、純粋にこのカラクリだけでも商品として十分に価値はある。しかも走りの質も高い。少量生産にはうってつけのフレームと外板を別々にした構造のボディはしっかりとした作りで、よく動くサスペンションと相まって、安っぽさとは無縁の乗り味を実現している。FFではあるが、その安定性を土台に結構よく曲がるよう躾けられているから、十分に楽しめる。ホンダS660より軽快と感じる人だって居るに違いない。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

ダイハツコペン 2019年1月発売モデル

クーペ


価格 248万円
排気量 660cc
駆動方式 FF
最高出力 64ps(47kW)/6400rpm
最大トルク 9.4kg・m(92Nm)/3200rpm
乗員 2名
燃費 -

クーペ


価格 251万円
排気量 660cc
駆動方式 FF
最高出力 64ps(47kW)/6400rpm
最大トルク 9.4kg・m(92Nm)/3200rpm
乗員 2名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る