東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 塗装だけで4ヶ月!ド派手なファイヤーパターンのマーキュリー!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

塗装だけで4ヶ月!ド派手なファイヤーパターンのマーキュリー!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
北ホール入口で注目を集めていたのはド派手なファイヤーターン塗装がくわえられたアメ車でした。カラフルなフレーク塗料が特徴なHOUSE of KOLOR(ハウスオブキオーラ)を扱うAIWAが1年かけて製作した渾身の1台!

マーキュリーというアメ車をベースに改造してあるのですが、車体は1951年生産というかなりの古いモデル。独特で迫力あるカタチはルーフ部分の高さを短縮する、チョップドルーフ加工をしてあるから。もともとのリヤガラスはほぼ直角だったというから、どれだけカットされているかが想像できますね。天井が低すぎて運転席はかなり狭くなってるそうですが、そこはやっぱりカッコよさ重視で!

このカラフルなファイヤーパターンはいちどに塗装できず、黒の車体に紫、緑、青、黃…と1色塗るたびにクリア塗装を研いで段差をスムーズに。全部塗るのに4ヶ月間もかかったとか想像も付かない大変さ…。

北ホールの「AIWA」ブースで展示中!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る