東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 可変エアロに革命起こる! レヴォーグの動くリップスポイラー&リヤディフューザー!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

可変エアロに革命起こる! レヴォーグの動くリップスポイラー&リヤディフューザー!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の高級外車ってたまに動くウイングが装備されてますよね。ボタンを押したり、スピードによって自動で隠れたところからウイングが出てくるヤツ。ところがついに、ウイング以外のエアロパーツも動かせる時代がやってきたのです!

装着されているのはDAMD(ダムド)のレヴォーグ。フロントバンパーの下にLEDが光ってますよね。


つぎの写真では消えてる!
これ、LEDの電気が消えたわけじゃなく、室内からボタンで操作するとリップスポイラーが動いて内側に出入りするのです!

リヤディフューザーはもっとわかりやすいです。

ほら、開いてカタチそのものが変わっちゃう!

このレヴォーグ向けの可変エアロキットの発売は今年春を目指しているそうです。

ちなみにこのフェンダーはすでに発売済み。
鮫フェンダーと呼ばれているそうで、エンジンルームの熱を逃して冷却効果バツグンみたいですね。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る