東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > ALPINEの提案は後部座席の家族も楽しめるナビ【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • MotorFan編集部

ALPINEの提案は後部座席の家族も楽しめるナビ【東京オートサロン2018】

純正同等の一体感とお役立ち機能で勝負

このエントリーをはてなブックマークに追加
ALPINEブースでは車種別の専用ナビを展示中。便利さと安全性を高める機能だけでなく、ファミリー向けの便利機能まで満載だ。(PHOTO&REPORT:石川淳一)

純正に匹敵する一体感

ALPINEのナビは車種別の専用設計を豊富にラインナップ。
ボタンの配色やライティングを対応車種のライトカラーや装飾に合わせることで、インパネとの一体感のあるデザインを実現している。

安全性も高めるビュー表示

オプションのカメラを車体に装備すればフロント、サイド、コーナービューをいつでも表示可能に。音声認識での各種機能の呼び出しも可能。常に動作しているので、運転中でも簡単に切り替えできる。
会話中の声にも反応ししまうと画面の表示がどんどん切り替わってしまいそうだが、その辺りはボイスコマンドの数を絞って、会話ではあまり使わない少し長めのワードにすることで誤作動を防いでいるという。

後部座席との会話がスムーズに!

後部座席のモニターとの連動にも工夫あり。フロントのディスプレイにはナビゲーション、リアのディスプレイにはDVDの映像やスマホから流したYoutubeの画面という風に、別々の画面を表示可能。ドライバーは運転に集中しながら後部座席の家族を楽しませることができる。
オプションで知育用のDVDソフトが用意されていたり、ドライビングトイとの連動機能もあるので、長距離ドライブでも子供は飽きずにいられそうだ。

ボタン一つで運転席と後部座席の間でスピーカーを通した通話ができるので、走行中でもしっかりと意思疎通ができる。コンビニによりたいなど、ちょっとした連絡はもちろん、会話をしながらのドライブも楽しめそうだ。

ブースではエクステリアからインテリアまでALPINE一色で染められたカスタムカーも展示中。北館9ホールでかっこよさと便利さを感じてほしい。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る