東京オートサロン2019特設ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2019特設ページ
TOP > 東京オートサロン2019特設ページ > ニュース > クルマがリュックだ! 「CAMSHOP(キャムショップ)」で発見したユニークグッズ【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/11
  • MotorFan編集部

クルマがリュックだ! 「CAMSHOP(キャムショップ)」で発見したユニークグッズ【東京オートサロン2019】

車好きの心をくすぐる雑貨!

このエントリーをはてなブックマークに追加
「CAMSHOP(キャムショップ)」は、車好きなら「おお!」っと目を引く雑貨を販売する“知る人ぞ知る”お店。今回は東京オートサロン2019に出店。ユニークなグッズが多数並んでいたのでご紹介しよう。
PHOTO/REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

 「CAMSHOP(キャムショップ)」は2018年、東京スカイツリーの「ソラマチ」に期間限定で出店するなど、ユニークで可愛いグッズを扱うお店として知られている。

 店内を覗いて見ると、ミニカーなどの玩具に加え、車のかたちをしたバッグやUSB、マウス、スピーカーなど、ユニークなアイテムがズラリ。車好きの男性はもちろん、女性や小さな子供たちの姿が多いのも、CAMSHOP(キャムショップ)の大きな特徴だ。

バックパック 5,400円(税込)

 小学生のランドセルとしても使える、ランボルギーニ・ウラカンをイメージした可愛いバックパック。外寸サイズは厚み約17cm×21cm×高さ31.5cmで、小さな子供にもジャストフィット(対象年齢3歳から)。重量は約0.3kgの軽量タイプ。約8Lの大容量だから、荷物もたっぷり入るのがポイント。素材は頑丈なポリプロピレンとナイロンメッシュを使用。東京オートサロン2019では5,000円(税込)の特別プライスで発売中!

キャリーケース 1万584円(税込)

 こちらはランボルギーニ・ウラカンをイメージしたキャリーケース(黄色)。素材は衝撃にも強いポリプロピレンを使用。外寸サイズは高さ約H47×幅28×厚み21cm。重量は約1.8kg。容量は約12L。牽引用の紐に加え、伸縮可能なキャリーバーも装備済み。シボレーカマロ(赤:容量12L)やメルセデスベンツGクラス(黒:容量13L)等もラインナップ。東京オートサロン2019では8,000円(税込)の特別価格で販売中。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
オートモーティブジョブズ

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る