国際的デザイン賞獲得で、見た目良しなバイク専用ドライブレコーダー|シンクウェア スポーツ M3

シンクウェアジャパンは、バイク専用ドライブレコーダー「シンクウェアスポーツ M3」を発売。フロントとリアの2カメラとし、どちらも対角140°超広角のフルHD仕様。カメラはIP68の防水・防塵。フロントカメラは6軸ジャイロセンサーを内蔵し、走行中の振動や揺れを捕捉して映像のブレを大幅に軽減(日中撮影時に有効)。また、WIFI機能によりスマートフォンで映像の確認や設定変更を可能とするなど、便利で優れた機能が満載。64GB microSDカードも付属(最大128GBまで対応)。

THINKWARE(シンクウェア) スポーツ M3……4万8180円(税込)

 THINKWARE(シンクウェア)は年間約100万台の製品をグローバルに供給している、韓国のバイク関連ブランド。機能性とスタイリッシュなデザイン性を両立させた高い技術力が認められ、世界最大の電子製品見本市CESでイノベーションアワードを受賞。また、さらに国際的に権威のあるデザイン賞(Red Dot Design・IDEA・iF DESIGN等)を多数受賞している。

 写真のシンクウェア スポーツM3は、「ワイルドでダイナミック」をコンセプトに開発。一般的にバイク専用のドライブレコーダーは、雨風や激しい振動等の過酷な環境に見舞われることで、安定した映像を撮影することが難しく、常に浸水や故障などのリスクが発生。

 この問題を解決すべく、シンクウェアは高耐久ドライブレコーダーにアクションカムの要素を加えることで、バイクへの装着に最適化。高耐久かつ美しい映像を撮影できる、「ワイルドでダイナミック」なドライブレコーダーに仕上げている。

 シンクウェア スポーツM3は、バイクと一体感のあるモダンなデザインが評価され、国際的なプロダクトデザイン賞であるドイツの「レッド・ドット・デザイン賞2020(Red Dot Design Award)」を受賞。その優​​れたデザインが、世界的に認められたことでも有名だ。

シンクウェア スポーツ M3、おすすめのポイント10

1:フロント&リアに「2CH フルHDカメラ」を採用

 1080P フルHD高画質カメラで前後の状況を完璧にカバー。

2:6軸電子ブレ補正機能「Advanced EIS(Electronic Image Stabilization)」

 路面をダイナミックに走行するバイクは、常に振動や揺れに見舞われているのが特徴。M3はドローンにも使用される、電子ブレ補正機構「Advanced EIS(Electronic Image Stabilization)」を搭載。走行中に発生する揺れを6軸センサーでキャッチし、ブレのない滑らかな映像を記録。
※注:Advanced EIS機能は、フロントカメラのみ搭載。

3:IP68防塵防水の安心設計

 厳しいアウトドア環境に適応した専用設計。急な雨や埃が舞う環境でも問題なく作動。
※注:この製品は、制御された試験環境でテストされており、特定の状況下で防水防塵性能を発揮。(IEC規格60529 IP68等級)雨天時、本機を長時間外に放置した場合、製品に損傷を与える可能性あり。

4:美しい録画のための高性能Sony STARVIS + Ambarella H12 CPU

 シンクウェアスポーツM3は、最高の画質を求めて、高性能アクションカメラやドローンに使用されるアンバレラ社製高性能CPUと、Sony STARVIS Exmor Rイメージセンサーを搭載。昼夜関わらず、走行中の映像を鮮明に写し出してくれる。

5:暗い環境に強いスーパーナイトビジョン2.0

 低照度環境下で発生するノイズを除去し、色相・明度を最適に調整するスーパーナイトビジョン2.0機能を前後のカメラに搭載。夜間、街灯も少ない場所のような、暗い低照度環境においての対物事物識別能力を向上。

6:ワイドダイナミックレンジ(WDR)

 走行中、逆光やトンネルに出入りする瞬間など強い明暗差が発生する環境でも、白飛びや黒潰れを抑え全体的なカラーバランスを調整することでクリーンな映像に補正。

7:64GB microSDカード付属。最大128GBまで対応

 大容量64GB microSDカード付属。最大6時間の録画が可能(128GBは最大12時間録画可能)。
※注:映像の特性に応じて記録時間が異なる場合あり。

8:Wi-Fi & GPS機能を内蔵

 ドライブレコーダー本体にWi-FiとGPSモジュールが内蔵されており、別にアンテナを配線する必要はなし。内蔵GPSによって、事故映像として重要な要素である位置情報、走行ルート、速度、時刻の記録を確認することができる。
※注:GPS位置情報は、PCビューアを通じて確認可能。

9:スマートフォンで手早く本体設定&映像確認が可能

 PCがなくても、Wi-Fiでスマートフォン専用アプリと接続することで、本体の設定および録画映像のダウンロード&削除することができる。

10:フォーマットフリー2.0を採用

 次々に生成される映像データを、SDカードへ順次格納するシステムを採用。データの断片化を抑えることで、安定した映像の録画を可能にし、更にSDカードの寿命を延ばすのがポイント。

THINKWARE(シンクウェア) スポーツ M3 主要スペック

・ビデオ解像度:前方 フルHD 1080P (1920×1080)、後方 フルHD 1080P (1920×1080)
・イメージセンサー(前/後):SONY IMX 291 Exmor R STARVIS
・録画フレームレート:29fps
・保存温度:-20°~70°C
・動作温度:-10°~60°C
・サイズ(mm):フロントカメラ 31.4×33.5×47.8mm、リアカメラ 31.4×35.5×47.8mm、本体 118×73×26mm
・重量(g):フロントカメラ 93.8g、リアカメラ 66.4g、本体 271.3g(リモコン含む)
・GPS:内蔵GPSモジュール
・メモリ容量:microSDカード 16GB、32GB、64GB、128GB (UHS-1)
・インターフェース:DC-in、microSDカードスロット
・入力電源:DC 12/24V スーパーキャパシタ内蔵
・録画視野角(対角):前方、後方140°

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭