ホンダCT125ハンターカブ専用|頑丈、軽量、大容量、50Lのアルミ製トップケースが便利すぎる!【ラフ&ロード】

ウエアやバッグなど豊富なバイク用アイテムをリリースする「ラフ&ロード」。東京モーターサイクルショー2022のブースには、アウトドアやキャンプに大人気のホンダ CT125ハンターカブ専用の50Lの大容量トップケース、ハンドルバッグ、メッシュシートカバーなどの新製品を装着したデモ車両が展示された。
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
ラフ&ロード https://rough-and-road.co.jp/

ラフ&ロード RALLY890 アルミトップケース50 CT125……4万1800円(税込)

付属の固定パーツで純正のリアキャリアにしっかりと取り付け可能。メイン素材は軽量で頑丈なアルミ製。

 CT125ハンターカブへの取り付けパーツが付属された専用トップケース。純正のリアキャリアにガッチリと取り付け可能だ。メイン素材には頑丈かつ軽量なアルミを採用。CT125ハンターカブとの相性も抜群な、スタイリッシュなデザインも大きなポイントだ。

 大きさは横46cm×高さ34cm×奥行き39cmのビッグサイズで、容量は余裕の50Lを確保。アウトドアやキャンプはもちろん、ストリートユースでも大量の荷物をオシャレに、しかも安定して運ぶことができる。

幅広い車種に対応した汎用性の高いパイプマウントスクリーン(8800円)、アウトドアフォルムを向上させるハンドガード(1万5730円)、厚さ7mmでクッション性抜群のメッシュシートカバー(2420円)などをコーディネイト。

ラフ&ロード RR9813 AQA DRY ハンドルバッグ……6930円(税込)

ハンドル周りのスペースを有効的に利用できる、とっても便利なマルチなバッグ。

 CT125ハンターカブやクロスカブ、バーハン式のスクーターなどのハンドル周りに使用できる、スペースの有効活用に最適なハンドルポーチ。ナスカン付きベルトを左右のミラーステーにセットしておけば、後はフッキングするだけで簡単に取り付け可能。

 サイズはW24×D10×H14cm(最大)。容量はフロントファスナーポケット1.3L、防水スペース1.7L、スリットポケット0.3Lの合計3.3L。カラーはブラック。車体から離れる時は、付属の38mm幅のベルトに付け替えれば、ショルダーバッグやウエストバッグに変身する。

付属の38mm幅のベルトに付け替えれば、ショルダーバッグやウエストバッグとして使用可能。

 このハンドルバッグには防水スペースも設置済みなので、不意の雨にも貴重品やスマホなどが即収納OK。ファスナーポケットの間には、小物を差し込めるスリットも導入。

ファスナーを開いたところ。本体の底部には水抜きドレンも装備済み。
スマートフォンなどが収納できるスリットを採用。

 防水スペースのフロントに設けたベルトループに、オプションのスマホホルダー「RR9810」や「RR9812」などをセットすれば、ナビバッグとしても使用可能。

RR9803 ガジェット P.A.Sケースを併用したところ。

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭