カッコいい木箱が似合う!前かごが便利!|「キタコ」が手がけたCT125ハンターカブ

ビッグバイク用からミニバイク用まで、豊富なバイクパーツをリリースするキタコがプロデュースしたホンダ・CT125ハンターカブ改が東京モーターサイクルショー2022に登場。木板を利用したDIYのトップケースをコーディネイトしてアウトドア色を強調。フロントバスケットやステンレスマフラーなど、発売が楽しみな試作パーツも随所に盛り込まれている。
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
キタコ https://www.kitaco.co.jp/
純正ヒートガードが取り付け可能なステンレスアップマフラー(試作品)を装着。

 キャンプやアウトドアに人気のホンダ・CT125ハンターカブ。維持費が安くて燃費の良い125ccクラスのCT125ハンターカブは、一人でキャンプを楽しむ中高年のソロキャンパーにも大人気。納車待ちが続くほどの高い支持を獲得している。

 アウトドアやソロキャンプに使用するCT125ハンターカブのカスタムポイントは、「いかに効率よく、しかも大量の荷物が運ぶことができるのか?」というところ。この点を大いに吟味し、上手に体現しているのが写真のカスタムだ。

 リアキャリアには、アウトドア=自然と一体感のある木材を利用し、アウトドア感を上手く演出したDIYの大型トップケースをコーディネイト。樹脂製等の市販品とは趣きの異なる、手作り感に満ちたカスタムセンスとアイデアは、「お見事!」の一言。

ベース車両のホンダ CT125・ハンターカブ(グローイングレッド)。価格は44万円(税込)

 キタコが製作した写真のCT125ハンターカブ改は、フロントタイヤにリア用の3.00サイズを装着。これはアウトドア感を一層引き立て、ノーマルよりもワイルドな足下に仕上げるのが大きな狙い(※注:実際の走行ではタイヤが干渉する可能性があるため、周辺パーツの加工が必要な場合あり)。ノーマルに比べ、武骨なイメージに仕上がっている。

キタコ製フロントキャリアーに試作品のフロントバスケットを組み合わせて積載量性をアップ。
小物の積載に重宝するキタコ製センターキャリアー。
サイドバッグ等が固定できるスチール製サイドバッグサポートを装着。

 ヘッドライト上とメインフレームカバー上には、荷物の積載量をアップするバスケットやキャリアを装備。純正ヒートガードに対応したオールステンレスマフラー、純正よりも15mmローダウンさせたローダウンシート、サイドバッグ等を固定し、リアタイヤへの巻き込みを防ぐ鉄芯構造フレームのスチール製サイドバッグサポートでカスタマイズ。

 また、転倒時のエンジン周りのダメージを防いでくれるスチール製のサブフレームkit、ヘッドライト周りの存在感を引き立てるHONDAエンブレムkitやTWIN LEDシャトルビームkitなど、市販化が待たれる注目のアイテムも組み込まれている。

クラッチカバーにはレッドカラーのRクランクケースカバーリングとオイルフィラーキャップ タイプ2を組み合わせ。
アルミ製のハンドルブレース、ドリンクホルダー等の市販ホルダーの固定が可能なマルチパーパスバー、ヘルメットホルダーなどを導入したハンドル周り。

主な装着パーツ

センターキャリアー 8800円
フロントキャリアー 6600円
マルチパーパスバー 4620円
USB 電源 KIT 4400円
ヘルメットホルダー 3080円
ハンドルブレース 8800円
R クランクケースカバーリング 9900円
オイルフィラーキャップ タイプ2 3080円
ハンドルアッパーホルダー タイプ1 2750円
ハンドルアッパーホルダー タイプ2 7150円
スキッドプレート 2万6400円
2ポットブレーキキャリパー レッド 1万7050円
KITACO × GEARS リヤショック 7万4800円
ビレットレバー 5500円
オールステンレスマフラー 参考出品
ローダウンシート 参考出品
サイドバッグサポート 参考出品
フロントバスケット 参考出品
サブフレームkit 参考出品
HONDAエンブレムkit 参考出品
TWIN LEDシャトルビームkit 参考出品
ヒールプレート 参考出品
ウッドBOX 非売品

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭