東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > デザイン激変!NDロードスターのワイドボディキット【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

デザイン激変!NDロードスターのワイドボディキット【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
フェラーリのようなフロントからは車種不明感が漂うけれど、リヤにまわると明らかにNDロードスター。それでいてフェンダーからつながるパネルのラインやサイドカナードが、ワイド化されたGTルックを演出。ここまでくると“リデザイン”ともいうべきスタイルの進化なんじゃないだろうか!

あえて残したというテールまわりの純正部分だけど、それ以外はフルカスタム状態と呼べる仕様になる。F10mm&R20mmのワイドフェンダーによって8J×17インチのホイールを装着可能。FRP製ハードトップは純正より全高より高めに設計されているのは、ヘルメット装着を想定しているから。つまり、サーキット走行を視野に入れたデザインなのだ。

「子供のころに憧れたスーパーカーのイメージしました」というサノデザイン佐野さん。オリジナル設計のヘッドライトは試作品だが、製品時には仕様変更される予定とのことだ。現状は6月ごろの発売を目標に、エアロテックジャパンからの製品化が進められている。価格はフルキットで130~140万円になる見込みで、ルーフは別売り。


衝撃的なフォルムの「サノデザイン×乱人SD1ボディキット」装着のNDロードスターは、ホール5に展示されてるぞ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る