東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ
TOP > 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ > ニュース > こんなトラック乗ってみたい! 内外装からエンジンまでアメリカンカスタム 【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/11
  • MotorFan編集部

こんなトラック乗ってみたい! 内外装からエンジンまでアメリカンカスタム 【東京オートサロン2019】

福島県理工専門学校(中4ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日(1月11日)から開幕した東京オートサロン2019。福島県理工専門学校は、いすゞ・エルフをベースにアメリカンカスタムを意識してメイキング。エンジンスワップも行われている。

実習車をカスタマイズ。メタルチックでクールな仕上がりに

 トラックには変わりないが、スマートな佇まいとアメリカナイズなオーラが気になってしまう一台。オートサロン初出展を果たした福島県理工専門学校の展示車は、1990年式のいすゞ・エルフ 250 CAB SHASSISをベースにカスタマイズされている。

 サスペンションはエアサスに変更。それにともない、リヤのアーム類を変更し車高のアップダウンに対応。

 クールな外板色は、シルバー塗装を施した後ヤスリをかけ、一度艶消しをした後クリアで光沢を出すという工程を経て作られている。

エンジンはCHEVY 305 SMALL BLOOK V8をホットロッド風に搭載。ルーフはチョップトップとなっている。

「ほかの専門学校がやらないことはどんなことかと考えたところ、実習車のトラックをカスタマイズすることを思いつきました」というのは、専門科の椎木さん。なお、荷台に積まれているのは、ホンダ・ZOOMERのカスタムモデル。高等科の生徒の作品だそうだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る