【スクープ!】 次期型「BMW M2 CS」のプロトタイプを発見

【スクープ!】 新型「BMW M2 CS」がラップランドでウインターテスト実施「今年後半に登場?」

「BMW M2 CS」の新型が北極圏近くでウインターテストを行っている様子を目撃した。
「BMW M2 CS」の新型が北極圏近くでウインターテストを行っている様子を目撃した。
BMWは新世代コンパクトスポーツクーペ「M2」を発表したが、より強力なバージョンが登場する。次期型「M2 CS」と思われるプロトタイプが、北極圏付近でウインターテストを行っている様子を捉えた。

BMW M2 CS

リヤスポイラーが目立つ車高の低いM2

先代の「M2 CS」を含めて、BMWのCSモデルにはダックテールスポイラーとフロントスプリッターが装着されている。今回撮影されたプロトタイプでは、冬季テストのためにスプリッターは取り外されているようだが、リヤのスポイラーは確認できる。判断は難しいが、ブレーキローターも通常のM2より大きく車高もわずかに低い印象を受ける。

ボンネット、ルーフ、空力パーツに、先代M2 CSのようなカーボンファイバー強化プラスチックが採用されているかどうか、現段階ではわからない。しかし、カーボンパーツの一部は既にM2向けにオプション設定されており、新型M2 CSにも採用されるだろう。

パワーはM3に迫るか?

パワーはM3ノーマルモデルの473HPに迫ることが予想される。
パワーはM3ノーマルモデルの473HPに迫ることが予想される。

CSは、Mモデル専用の「コンペティション」と「CSL」グレードのギャップを埋める存在だ。パワーアップと軽量化という伝統的手法でパフォーマンス強化を図っており、次のM2 CSも同様と見られている。

新型M2が搭載する3.0リッター直列6気筒ツインターボエンジンは460PSを発生する。新型M2 CSがどの程度パワーアップするかは明らかでないが、MT仕様の後輪駆動M3ノーマルモデルの480PSに迫ると考えられる。

新型M2 CSのデビューは2024年後半と予想されている。他のCSモデルと同様に限定生産となるだろう。

BMW M2 CSのプロトタイプを発見!

【スクープ!】 新型「BMW M2 CS」はローダウン&アグレッシブなリップスポイラーを装着?

「BMW M2 CS」のプロトタイプの撮影に成功した。ボディデザインと細かな造形を隠すため、…

キーワードで検索する

著者プロフィール

石川 徹 近影

石川 徹