「ポルシェ 911 ハイブリッド」を5月28日にデジタルワールドプレミア

ハイブリッド搭載の新型「ポルシェ 911」がドバイでの最終テストを完了「ワールドプレミアは日本時間5月28日22時」

ハイブリッドパワートレインを初めて搭載した911が、5月28日にデジタルワールドプレミアされる。
ハイブリッドパワートレインを初めて搭載した911が、5月28日にデジタルワールドプレミアされる。
ハイブリッドパワートレインを搭載した初の「ポルシェ 911」が、広範な開発とテストのプログラムを完了。日本時間、2024年5月28日22時に新型911がデジタルワールドプレミアされる。

Porsche 911 hybrid

500万kmを超えるテスト

ドバイで行われた、911 ハイブリッドの最終テスト。
最終的なテストが行われたのは、灼熱のドバイ。ポルシェはハイブリッドパワートレインを搭載する新型911で、実に500万kmも走行を積み重ねた。

ポルシェは911に搭載すべく、スポーツ性能を極めたパフォーマンスハイブリッド・パワートレインを開発。灼熱、極寒、世界屈指のハンドリングコースなどを舞台に精力的なテストを続けてきた。その総走行距離は500万kmにも達したという。911と718のモデルラインを統括するフランク・モーザーは、デビューが目前に迫ったハイブリッド搭載型911について、次のように説明した。

「当社のアイコンである911が、61年の歴史の中で初めて、ハイブリッド・ドライブシステムを市販仕様に搭載します。この革新的なパフォーマンスハイブリッドは、911をさらにダイナミックな存在とするでしょう。私達は、ドバイでの最終テストのように、極寒の凍結路から灼熱の砂漠まで様々な事態を想定して、世界中のあらゆる条件下でテストを行いました」

「新型911はドライブトレインの負荷が高い峠道でも、あるいはストップ&ゴーの多い市街地の交通環境でも、困難な課題を見事に克服しています。当社のエンジニアとテストドライバーは、合計500万km以上の開発走行を記録しました」

ニュルで先代モデルのタイムを8.7秒短縮

テストプログラムには、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでの走行も含まれており、現行モデルを8.7秒上まわる、7分16秒934のラップタイムを記録した。
テストプログラムには、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでの走行も含まれており、現行モデルを8.7秒上まわる、7分16秒934のラップタイムを記録した。

新型911の開発においても、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェにおいて、テストとチューニング作業を実施。今回、ポルシェのブランドアンバサダーを務めるイェルク・ベルクマイスターが、パフォーマンステストの過程で、先代モデルを8.7秒上まわる、7分16秒934のラップタイムを記録した。

テスト車両は、標準のロードタイヤに加え、数世代前からオプション設定されている高速走行時のダウンフォースを高める固定式リヤウイングを備えたエアロキットを装着している。

「新しい911はサーキットでもかなり速くなりました。グリップの向上、パワーの大幅な増大、そしてパフォーマンスハイブリッドの自然なレスポンスも大きなメリットです」と、ベルクマイスターはそのパフォーマンスを絶賛する。

新型ポルシェ 911のワールドプレミアは、ポルシェ公式YouTubeのチャンネルでライブ配信を予定している。

1963年のデビュー後、常に最新技術を導入しながらも、「水平対向・リヤエンジン」というコンセプトを維持し続けてきたポルシェ 911。2024年、ついにハイブリッド技術が導入される。

「ポルシェ 911」がついにハイブリッドを導入「歴代水平対向エンジンの進化を振り返る」

ポルシェ 911に搭載されるエンジンは、過去60年の間に大きく進化を果たした。ボクサー6の排…

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部