マクラーレン 765LT スパイダーのスパルタンなハイパフォーマンスを測る

マクラーレン 765LT スパイダーを国内試乗! 極限の美学を貫くストリートレーサーに昂る

マクラーレン 765LT スパイダーの走行シーン
ロングテールの名称と、最高出力765psを発揮するV8ツインターボが与えられた765LT スパイダー。マクラーレンの最強モデルをモータージャーナリスト・渡辺敏史が試す。
マクラーレンの最新にして最強のウエポンである765LTが日本上陸を果たした。765psのパワーと強化されたエアロダイナミクス、そして強化されたシャシー。スーパーカーシリーズの頂点を極める1台は、どのような走りを見せるのか。

McLaren 765LT Spider

特別なスポーツモデルに与えられる“LT”を冠したスパイダー

マクラーレン 765LT スパイダーのリヤスタイル
Cピラーに当たるフライングバットレスはガラス製のため、視界を遮らない。ルーフリッドはカーボン製だ。タイヤはピレリPゼロトロフェオRを装着。カーボン製の専用エアロがフロント、サイド、リヤに装着される。

LT=ロングテール。

マクラーレンにとってその称号は特別なものだ。原点は97年型F1-GTR。当時のマクラーレンのカスタマーレーシングを支えていたF1のレースモデルをベースに、FIA-GTレギュレーションをも見据えながら、エアロダイナミクスによるゲインの最大化を狙って前後のオーバーハングが長く伸ばされたボディを与えられたのがそのマシンだ。ル・マンでは総合2位に入賞したガルフカラーのゼッケン41・・・といえば、その姿を思い浮かべる方も多いのではないだろうか。

そういったバックボーンもあってだろう、オートモーティブ部門が本格的に市販車のビジネスに参入して以降は、LTは特別なスポーツモデルに与えられる称号として用いられている。加えて、ひとつのシリーズの締め括りとしてリリースされるのもまたLTなのかもしれない。

一世を風靡した720S系の最終モデル

マクラーレン 765LT スパイダーのフロントセクション
フロントフェンダーにはエアダクトが開けられる。ブレーキ周りの熱を放出し、視覚的な迫力もアップする。

MP4-12C系のファイナルとなった675LT、570S系のファイナルとなった600LT・・・と、その流れからいえば、765LTは720S系のラストモデルとなる。そして次期スーパースポーツ系は先に発表されたアルトゥーラにも採用されている、モノセル改めMCLA(マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー)を活用した別骨格のモデルとなるのでは、とこれは個人の邪推だが、可能性はゼロではないだろう。

765LTは昨年、クーペが765台の限定台数で発売されており既に完売。今回追加されたのはスパイダーで、こちらも全世界で765台の限定販売となる。ちなみに765の名前はお察しの通りアウトプットに由来していて、搭載されるM840T型4.0リッターV8直噴ツインターボユニットは720Sより45ps高い765psを発揮、トルクも30‌Nm大きい800Nmをマークする。

軽量化とエアロダイナミクスの最適化でパフォーマンスを向上

マクラーレン 765LT スパイダーのリヤセクション
速度に応じて上昇するリヤスポイラーは、フルブレーキ時にはエアブレーキの役割も果たす。

LTたる所以の全長は後軸側を中心に57mm延長され、走行状態に応じて油圧でアクティブに可変するリヤウイングの大型化にも寄与している。加えてエアロダイナミクスの性能向上や効果最適化はディテールの随所に織り込まれており、ダウンフォース量は720Sに対して25%の向上をみているという。

ホイールベースを筆頭とする基本的なジオメトリーは720Sに相違ないが、ミリ単位のローダウンや専用鍛造ホイールのインセットによるトレッド拡大、その締結ボルトや専用エキゾーストシステムのチタン化、ガラスの薄板化、内装材の軽量化やP1譲りのフルバケットシートの採用など細かな積み重ねによって得られた80kgの軽量化などを織り込んでの専用サスセッティングなど、765LTは飛び道具系だけではなく、セオリーに沿ったスポーティネスの追求にも抜かりはない。アルカンターラまみれの内装トリムも、保ちの良さや質感の高さ、映り込みの小ささの割に、単位あたりの重量が低いという点を買われてのものだろう。

スパルタンだがストリートカーの分別は脱ぎ捨てていない

マクラーレン 765LT スパイダーのシート
シートはフルバケットで、調節は手動による前後スライドのみ。オプションのパノラミックガラスルーフはスイッチひとつで濃度を変えられる。

試乗は都内から箱根周辺を往復するコース。散々通い慣れているがゆえに、クルマの素性も個性もよくわかるだろうと走り始めると、ちょっと今までのマクラーレンとは違う、そして675や600といった過去のLTたちと比べても一段ハードなフィードバックが跳ね返ってくることが気になった。

試乗車に装着されたフロントリフターのせいかと思いきや、それがカットされる60km/h向こうの速度域でも目地段差や補修痕などを超える際のアタックは明らかに強く、絶品の繊細さを誇る純正のステアリングも時折り轍に揺さぶられる。新東名のように舗装状況が良いところで120km/h級の速度に上がれば穏やかなまとまりも現れるが、通常の速度域での乗り心地からは、LTならではの敷居の高さが感じられる。

かようにスパルタンな乗り心地ゆえレーシングカーまがいを想像するも、車内の音環境は望外に悪くなかった。風切りやタイヤの転がり、石跳ねなどのノイズ成分は何かが際立つこともなく平均的に整理されていて、会話を遮るようなことはない。端々にカーボンの地肌を剥き出しにしたモノセルはあくまで演出、ストリートカーとしての分別は脱ぎ捨ててはいないようだ。

765LTの速さは、720Sのパフォーマンスを明らかに上回った

マクラーレン 765LT スパイダーの走行シーン
アルカンターラで覆われるインテリアは、基本的に720Sと同じ。ルーフは11秒で開閉でき、50km/h以下であれば操作できる。

そもそもクルマの動きがソリッドに引き締められているうえ、重量は80kgも減っている。そこに45ps増しのパワーが掛かるわけで、765LTの速さは記憶を引っ張り出しても人生最速級の体験だった720Sのパフォーマンスを明らかに上回った。ワインディングの勾配をまったくものともせず突き進む、視界が歪むかのような加速に、冗談でなく脳裏には飛ぶというオチまで思い浮かぶわけだが、そこをビタビタに抑え込むのが大型化されたスプリッターやディフューザー、アクティブウイングといった空力付加物だ。強いブレーキングの際には瞬時にリヤウイングの迎角が直角に近づき、抵抗を最大化するエアブレーキも当然720Sから継承されている。

ギャップの多い公道では、生半可な入力だと暴れる後輪が空転するほどにクルマの動きはハードだ。が、速度域が増すほどに横G負荷に空力効果による車体の抑え込みも加わり、旋回挙動はペタッと安定してくる。要素がピタリと重なった時の765LTの旋回性は想像を軽々と上回るほどにシャープでクリアだ。

ガンガン踏んでこのゾーンを引き出せとクルマがせがむ。765LTはやっぱりトラックに持ちこんでナンボだ。その点においては綺麗に720Sと棲み分けられており、LTの趣旨には幾ばくのブレもない。

REPORT/渡辺敏史(Toshifumi WATANABE)
PHOTO/篠原晃一(Koichi SHINOHARA)
MAGAZINE/GENROQ 2022年 2月号

マクラーレン 720S GT3Xの走行シーン

理想のトラックマシン「マクラーレン 720S GT3X」初試乗! レーシングカーよりも速いサーキット専用モデル

世界のレースで活躍中の720 GT3をベースにサーキット専用車として開発されたのがGT3Xだ…

【SPECIFICATIONS】
マクラーレン 765LT スパイダー
ボディサイズ:全長4600 全幅1930 全高1193mm
ホイールベース:2670mm
車両重量:1388kg
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
排気量:3994cc
最高出力:563kW(765ps)/7500rpm
最大トルク:800Nm(81.6kgm)/55000rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:RWD
サスペンション形式:前後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック)
タイヤサイズ(リム幅):前245/35R19(9J) 後305/30R20(11J)
最高速度:330km/h
0-100km/h加速:2.8秒
車両本体価格(税込):4950万円

【問い合わせ】
マクラーレン東京
TEL 03-6438-1963

マクラーレン麻布
TEL 03-3446-0555

マクラーレン大阪
TEL 06-6121-8821

マクラーレン名古屋
TEL 052-528-5855

マクラーレン福岡
TEL 092-611-8899

著者プロフィール

渡辺敏史 近影

渡辺敏史