プレイバック! 東京オートサロン2022【BLITZ】

レクサス NX350&ランドクルーザーの硬派なカスタマイズを展開! 【BLITZ:東京オートサロン2022】

東京オートサロン2022、BLITZの出展車
東京オートサロン2022に出展された、BLITZがカスタマイズしたNX350 F SPORT。吸排気系及びサスペンションのカスタムパーツが充実。
2年ぶりに開催された東京オートサロン2022。今回も魅力的かつ個性的なメイクスが多数出展され、クルマ趣味の多様性と可能性を存分にアピールしていた。ここでは会場で見かけた多くの出展から、GENROQ Webが厳選したモデルを紹介していく。

BLITZ
NX350 F SPORT / LAND CRUISER GR

得意の吸排気系チューンでアグレッシブなNXを実現

BLITZブースで注目を集めていたBLITZ NX350 F SPORTは、ユーザーが求めるギリギリのラインを提案した参考出品モデル。その魅力はフルモデルチェンジを受けた人気のレクサス NX350をベースに同社のCARBON POWER AIR CLEANER、SUCTION KIT、NUR-SPEC CUSTOM EDITONマフラーなど、吸排気の交換とローダウン化が施されていることだ。

東京オートサロン2022、BLITZの出展車
ローダウンキットは前後共に32段階の調整が可能で、ローダウン量は前が75mm、後ろが70mmと発表されていた。

ストリートユースをメインに過激すぎない快適性を重視し、サスペンションをDAMPER ZZ-Rへとカスタマイズすることでスタイルと乗り心地を両立。車検対応のローダウンスタイルは日常と非日常を融合させたBIRIZの新たな提案であり、市販化が待ち望まれる刺激的な一台である。

人気沸騰中の新型ランドクルーザーを早くもチューン

東京オートサロン2022、BLITZの出展車
BLITZは早くも新型ランドクルーザー用にサスペンション及び吸排気系カスタムを提案。ただでさえ迫力のボディはDAMPER ZZ-Rサスペンションキットによって車高を上げることでひと際存在感を高めている。

そして巨大な体躯が大人気のランドクルーザーに早くもサスペンション&吸排気系チューンを用意。開発中のDAMPER ZZ-Rサスペンションキットは前後32段階の減衰力調整が可能となるが、同じく開発中のNX350とは逆にリフトアップを図る。前は56mm、後ろは33mmアップさせ、クロスカントリーモデルらしいアウトドア志向のスタイリングを見せていた。

東京オートサロン2022、BLITZの出展車
吸気系はNX350と同様に開発中のパワーエアクリーナーとサクションキットを装着。カーボンにレッドの差し色がスポーティなイメージを助長していた。

吸排気系もまたNX350と同様にCARBON POWER AIR CLEANER、SUCTION KIT、NUR-SPEC CUSTOM EDITONマフラーの開発が進められ、エンジンルームを覗くとレーシングモデルもかくやというスポーティなアピアランスが印象深い。

REPORT/並木政孝(Masataka NAMIKI)

【関連リンク】
・BLITZ 公式サイト
https://www.blitz.co.jp/

トヨタ ランドクルーザー ZXとランドローバー ディフェンダー 110 X D300のサイドビュー

ランドクルーザー vs ディフェンダー、宿命のライバル対決! ガチンコ勝負の行方をレポート

世界中のどんな道でも走破し、人々の生活を支える使命を持った2台。それが新型ランドクルーザーと…

著者プロフィール

並木政孝 近影

並木政孝