ポルシェ、最初期のタイカンを最新仕様に「uPdate」!

あなたのポルシェ タイカンを最新に! 大規模アップデート実施で最新の2023年モデルと同等の機能が利用可能に

ポルシェ タイカン、最新の2023年モデルと同等レベルに無償アップデート
デビューから3年を経て、全世界で7万5000台以上をデリバリーされたポルシェ タイカン。すべての機能を最新の2023年モデルと同等レベルに引き上げるべく、無償アップデートが発表された。
ポルシェは2019年末に初のフル電動スポーツモデル「タイカン」を発表。以来、全世界で7万5000台以上をデリバリーしてきた。現在、タイカンの包括的なアップデートが進められており、購入時期、パワートレイン、ボディ形状にかかわらず、すべてのモデルバリエーションが、ソフトウェアアップデートによって2023年モデルの状態にすることができる。タイカンのアップデートは市場ごとに実施される予定となっており、現時点で日本での実施時期は発表されていない。

Porsche Taycan

すべてのアップデートを無償で提供

20220720_Porsche_Taycan_7
今回の大規模アップデートは、タイカンの全オーナーに無償で提供される。ポルシェのサービスワークショップに入庫することで、2023年モデルの状態にシステムがアップデートされる。

今回のアップデートでは、デリバリー時期に応じて、パワートレインの効率性向上、ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)やポルシェ・コネクト、アシスタンス・システムなどに新機能が追加された。

また、すべての世代のタイカンが、OTA(ワイヤレス接続)アップデート機能強化を実施。タイカンに搭載されている様々な機能や装備をアンロックするオプション(ファンクション・オン・デマンド)も含まれている。

これらのアップデートは無料となっており、ポルシェ・センターなどのサービスワークショップに入庫した際に実施することができる。ポルシェAGのタイカン担当副社長、ケビン・ギークはタイカンの大規模アップデートについて、次のように説明する。

「今回のアップデートにより、お客様は継続的に行われてきたタイカンの改良作業からの恩恵を得ることができます。2019年のデビュー以来、私たちはほぼすべてのコンポーネンツやシステムに改良を加えています。新しい機能が追加され、その他の機能も修正・微調整することでお客様の体験をさらに向上させたのです」

「このアップデートを導入することで、生産初期にタイカンを購入したお客様であれば、デビュー後にどれだけこのクルマが進化を果たしたか、嬉しい驚きを感じることでしょう」

年式の古いモデルほど大きな恩恵

ポルシェはタイカンの発売以降も、様々な改良作業を続けており、そのすべてが全世代のモデルに適用されることになった。
ポルシェはタイカンの発売以降も様々な改良作業を続けており、そのすべてが全世代のモデルに適用されることになった。

ポルシェ社内では、2022年7月からデリバリーされた2023年モデルの型式名に「P」の文字を冠していることから、今回の大規模アップデートを「uPdate」とネーミング。アップデートの正確な範囲とワークショップへの入庫期間は、それぞれのタイカンに搭載されているソフトウェアの状態によって異なる。年式の古い車両ほど、より多くの改良とシステムのアップデートが行われるという。

タイカンに関しては、今回の大規模アップデートに合わせて22kWの車載充電器の後付けも可能になった。車載充電器の追加はカスタマーの費用負担となるものの、ソフトウェア・アップデートのためのワークショップ入庫に組み合わせることができる。

最大22kWの充電能力により、充電時間は大幅に短縮。さらに欧州と北米では「プラグ&チャージ(Plug&Charge)」機能も有効化される。これによりカードやアプリを使わずに、充電施設の利用と決済が可能になった。プラグ&チャージ対応充電アダプタをタイカンに接続すると、自動的に充電がスタート。同時に支払いが行われる。

低負荷走行時にフロントモーター使用をカット

AWDモデルでは、低負荷走行時にフロントアクスルの電気モーターのトルクをカットすることで、バッテリーの消費量を削減。実用域での航続距離を伸ばしている。
AWDモデルでは、低負荷走行時にフロントアクスルの電気モーターのトルクをカットすることでバッテリーの消費量を削減。実用域での航続距離を伸ばしている。

パワートレインに関しては、AWDモデルの「ノーマル」と「レンジ」走行モードにおいて低負荷運転時にフロントアクスルの電気モーターがほぼ完全に切り離される仕様へと変更。さらに惰性走行時や停止時は前後アクスルの駆動トルクも解放される。これにより摩擦抵抗による電力の損失を低減し、航続距離をが大幅に伸びることになった。

コクピットのAWDインジケーターは、センターディスプレイのエネルギー・フローインジケーターとして表示するよう変更し、現在の動作状態がより分かりやすくなった。また、エネルギー回生も最適化。例えば自動回生の設定はドライバーが運転プログラムを変更した場合でもキープされるなど、カスタマーの利便性が大幅に向上している。

バッテリーシステムの熱管理も最適化される。電子パーツからの排熱をバッテリーを温めるためにこれまで以上に活用するなど、特に外気温が低いときにバッテリーのコンディションを良い状態に保つことで、より短時間での充電が可能になった。

PCMとポルシェ・コネクトに新機能を追加

車載のコネクティビティ機能も大幅にアップデートされ、音楽配信サービスの「Spotify」が最初から利用できるようになった。
車載のコネクティビティ機能も大幅にアップデートされ、音楽配信サービスの「Spotify」が最初から利用できるようになった。

ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)とポルシェ・コネクトに新機能が追加された。スタート画面にカラフルなタイルデザインを導入し、使いやすさは大幅に向上。2020年から2022年2月中旬までに生産されたタイカンは、このアップデートによりボイスコントロールが最適化され、「Spotify」のアプリもインストールされる。また「Android Auto」は、ワイヤレスで利用することが可能だ。

ヘッドアップディスプレイを搭載した2021年モデルのタイカンは、ナビゲーションマップの表示を変更。ディスプレイの表示内容も追加され、さらにすべてのタイカンで車載操作説明書を音声コントロールにより使用できるようになった。「パークアシスト」機能はセンサーの作動範囲が拡大。駐車スペースの検索機能も改善され、より狭いスペースもパーキングの選択肢として提供される。

すべてのタイカンが、購入後でもドアとテールゲートのキーレスオープン機能(コンフォートアクセス)を追加することができるようになった。

ポルシェの高いクオリティによるアップデートの実施は、BEVならではの機能向上はもちろん、インターフェイスなど内燃機関車も共通のアップデートが施される。これは既存のポルシェ内燃機関車オーナーにとっても、車両の最新化プロジェクトを期待せずにはいられないだろう。

ポルシェの取締役会会長を務めるオリバー・ブルーメは、電動化を進めつつ、内燃機関モデルを残していくと言明した。

電動化だけがすべてではない ポルシェ会長のオリバー・ブルーメ、電動化の推進と同時にeフューエルによる内燃機関モデルの存続も約束

欧州自動車メーカーが拙速な電動化を推し進めることを表明する中、ポルシェはどういった方向性を目…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部