0-100km/h加速2.5秒! ノビテック製「765LT スパイダー」アップデート

ただでさえ過激な「マクラーレン 765LT スパイダー」の最高出力は、ノビテックチューンで855psに達するという衝撃【動画】

ノビテックが持てるノウハウをすべて投入して開発した「マクラーレン 765LT スパイダー」。
ノビテックは、マクラーレン 765LT スパイダーに得意のエンジンコンピューターチューンに加えて、ネイキッドカーボン製ボディパーツも用意した。
フェラーリやランボルギーニなど、スーパースポーツのチューニングカーを展開するドイツのノビテック(NOVITEC)が、マクラーレン史上最もパワフルなオープントップ「765LT スパイダー」のアップデートプログラムを発表した。

NOVITEC MCLAREN 765LT SPIDER

最高出力855ps、最大トルク898Nmを発揮

ノビテックが持てるノウハウをすべて投入して開発した「マクラーレン 765LT スパイダー」。
ノビテック・Nトロニック・コントロール・モジュールをはじめ、エキゾーストのアップグレードプログラムを装着することで、最高出力855ps、最大トルク898Nmものスペックを手に入れることができる。

マクラーレン 765LT スパイダーは、徹底的な軽量化やサーキット走行もこなすドライビングダイナミクス、そして最適化されたエアロダイナミクスなど、ロングテール(LT)の特徴備えたオープンエア・ハイパースポーツ。世界限定765台のみが製造される765LT スパイダーをベースに、ノビテックは得意のエンジンチューンを中心に様々なアップデートプログラムを展開する。

最高出力765ps、最大トルク800Nmを発揮する4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンをベースに、専用ECUマッピングを含む「ノビテック・Nトロニック・コントロール・モジュール」を装着。レベルに合わせて、3段階の出力向上メニューが用意された。

ノビテック・レース・ハイパフォーマンス・エキゾーストシステムと、セラミックコーティングされたターボインレット・パイプを装着した最もパワフルな仕様では、最高出力855ps(629kW)、最大トルク898Nmにまでスペックを引き上げることが可能。この仕様では0-100km加速が、2.8秒から2.5秒にまで短縮される。

ワイルドな90mm・クワッド・エキゾーストパイプ

ノビテックが持てるノウハウをすべて投入して開発した「マクラーレン 765LT スパイダー」。
センターにハイマウントされた4本出しエキゾーストパイプは、断熱構造を採用しており、エンジンの高温化を防ぐ効果も持つ。

ノビテックの高性能エキゾーストシステムは、パフォーマンスだけでなく、コクピットへとダイレクトに響く極上のサウンドを提供。すべてのタイプが完全な断熱構造になっており、エンジンベイ内の高温化を防ぐ効果も持つ。素材はステンレス製とF1でも使用されている軽量素材インコネルをラインアップする。

オプションの断熱材付きの100セル・スポーツ触媒や、純金製メッキ施すことによって、さらに効果を増すことも可能。エキゾーストパイプは視覚的にもワイルドな90mm・4本出しテールパイプがリヤセクションをレーシーに演出する。さらにカーボンファイバー製エンベライザーなども用意されている。

カーボンファイバー製大型リヤウイングを装着

ノビテックが持てるノウハウをすべて投入して開発した「マクラーレン 765LT スパイダー」。
あえて過剰な派手さを排したエアロパーツは、すべてネイキッドカーボンファイバー製。リヤセクションにはノビテックが展開するブランド「N-LARGO」大型リヤウイングが装着された。

エクステリアは、英国車らしいスリリングなフォルムに華やかさを加えながら、走行時のダウンフォースを大幅に向上させるネイキッドカーボンファイバー製ボディワークを開発。フロントセクションにはヘッドライトインサート、ボディサイドにはロッカーパネルと新たにエアインテークを追加した。リヤセクションには「N-LARGO」大型リヤウイングを装着した。

アメリカのホイールメーカー・ヴォッセ(Vossen)と共同開発した「MC3」軽量鍛造アロイホイールを装着。MC3はセンターロックと繊細な7ツインスポークにより、スポーティでありながらエレガントな雰囲気を足元に加えることができる。

写真のモデルはフロントに20インチ、リヤに21インチサイズを採用。カラーバリエーションは72色で、オプションでブラッシュ仕上げとポリッシュ仕上げから選択することができる。また、足まわりにノビテック・スポーツスプリングを装着することで、20mmのローダウンも可能だ。

自在なカスタマイズが可能なインテリア

ノビテックが持てるノウハウをすべて投入して開発した「マクラーレン 765LT スパイダー」。
カーボンファイバーやアルカンターラなど、素材を自由に組み合わせて、自分だけのインテリアを作り出すことができる。

これまでノビテックがリリースしてきたプログラム同様に、マクラーレン 765LT スパイダーでもインテリアの様々なカスタマイズが可能。カスタマーの好みに応じて、レザー、アルカンターラ、カーボンファイバーなど、カラーやマテリアルを組み合わせることで、ほぼ無限大のバリエーションを作り出すことができる。

ノビテック・チューンのマクラーレン 765LT スパイダーを動画でチェック!

ノビテック フェラーリ SF 90のフロントスタイル

システム最大出力1109ps! 馬力競争はどこまでエスカレートするのか? ノビテックが「フェラーリ SF 90」を過激にアップデート 【動画】

フェラーリやランボルギーニなど、スーパースポーツのチューニングカーを展開するドイツのノビテッ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部