高度な可変エアロデバイスを搭載するポルシェ 911 GT3 RSがデビュー

「ポルシェ 911 GT3 RS」がワールドプレミア! 最強仕様タイプ992の驚くべきその中身とは【動画】

公道走行可能な最強の911として開発された「ポルシェ 911 GT3 RS」のエクステリア。
911 GT3をベースに、モータースポーツ由来の空力デバイスがふんだんに投入された「ポルシェ 911 GT3 RS」。
ポルシェは、911シリーズの頂点に立つハイパフォーマンス仕様「911 GT3 RS」を、ワールドプレミアした。新型911 GT3 RSは、GTシリーズにおいて活躍した911 RSRと911 GT3 R GTから様々な技術をフィードバック。サーキットにおける走行性能が徹底的に磨き上げられ、公道走行可能な究極のタイプ992としてデビューしている。

Porsche 911 GT3 RS

最高出力525psを発揮するボクサー6

公道走行可能な最強の911として開発された「ポルシェ 911 GT3 RS」のエクステリア。
搭載される4.0リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンは、カムプロファイルの変更により最高出力525psにまでパワーアップを果たした。

911 GT3 RSは、公道走行可能な高性能パフォーマンスモデルとして、ポルシェが誇るモータースポーツのテクノロジーとコンセプトを最大限に活用。レースフィールドで鍛え上げられ、高度な軽量構造を持つ高回転型4.0リッター水平対向6気筒エンジンに加えて、兄弟関係にある911 GT3 Rからフィードバックされた、冷却システムとエアロダイナミクスが導入された。

4.0リッター水平対向自然吸気エンジンは、911 GT3をベースにサーキット走行に最適化。カムシャフトに改良を施したことで、最高出力は386kW(525ps)に向上した。シングルスロットル吸気システムとリジッド・バルブドライブはモータースポーツ由来となる。7速PDKは、911 GT3よりも全体のギア比がクロス化。これにより、0-100km/h加速は3.2秒、最高速は296km/hというスペックを実現した。

セントラルラジエターと高度なエアロダイナミクス

公道走行可能な最強の911として開発された「ポルシェ 911 GT3 RS」の空力デバイス。
新型911 GT3 RSは、911 RSRや911 GT3 Rで導入されたセントラルラジエターレイアウトを導入。これにより生まれたスペースを活かし、可変式エアロダイナミクスを採用。200km/hでの走行時に409kgものダウンフォースを生み出すことが可能になった。

大幅な性能アップのベースとなったのは、セントラルラジエター・コンセプト。セントラルラジエター・コンセプトは、ル・マン24時間レースでクラスで優勝を果たした911 RSRで初導入され、その後911 GT3 Rでも採用された。

この先進的な冷却コンセプトは、従来搭載されていた3基のラジエーターの代わりに、フロントのラゲッジコンパートメントに、大型のセンターラジエーターを配置。これによりサイドに空いたスペースを利用し、高度なアクティブ・エアロダイナミクス・エレメントを統合することが可能になった。

フロントからリヤウィングまで続く可変式のアクティブ・エアロダイナミクス・エレメントは、その他の空力デバイスと組み合わせることで、200km/hでの走行時に409kgものダウンフォースを発生。タイプ991ベースの911 GT3 RSと比較して2倍、現行の911 GT3と比較して3倍のダウンフォースを得たことになる。さらに285km/hではダウンフォースは860kgにも達するという。

F1でお馴染みDRSをポルシェの市販車初搭載

公道走行可能な最強の911として開発された「ポルシェ 911 GT3 RS」の空力デバイス。
ルーフよりも高い位置にまで達した大型リヤウイングは、新たにスワンネック式を採用。さらにF1ではお馴染みとなった、高速時に空気抵抗を低減させる「DRS」も導入されている。

911 GT3 RSは機能的なエアロダイナミクスエレメントが目立つエクステリアを採用。リヤセクションには、固定されたメインウイングと油圧で調整可能な上部ウイングエレメントで構成される、スワンネック式大型リヤウイングが搭載さた。

ポルシェの市販モデルとしては初めて、リヤウイングに「ドラッグ・リダクション・システム(DRS)」を採用。コースのストレート区間においてドラッグレベルを下げて高速化を実現するため、DRSはスイッチを押すだけで、上部ウイングエレメントをフラットな状態に変更できる。

また、高速走行中に急ブレーキを使用すると、DRSはフロントとリヤのウイングエレメントを最大値に変更。空力的な減速効果を発揮し、ブレーキングをサポートする。また、ポルシェの市販モデルとしては初めて、リヤウィング上端がルーフよりも高いポジションに配置された。

高度に統合されたエアロダイナミクス

公道走行可能な最強の911として開発された「ポルシェ 911 GT3 RS」のエクステリア。
フロント、サイド、リヤの様々な箇所に配置された空力パーツはそれぞれが高度に連動し、ボディ全体のエアフローを最適化させている。サイドから見ると、リヤウイングの上端がルーフよりも高い位置にあることが分かる。

フロントスポイラーが廃止され、代わりに上下に流れるエアフローを分割するフロントスプリッターを導入。また、サイドブレードは正確にエアフローをボディサイドへと導く効果が与えられた。フロントホイールアーチのベンチレーションは、フェンダーに設けられたルーバー状のインレットを通じて空気を排出する。

このフェンダー処理は、ル・マン24時間レースを制した911 GT1のスタイルで、フロントフェンダー後方に配置されたインレットにより、ホイールアーチ内の動圧を低減。中央に配置されたラジエーターから導入されたエアは、フロントリッドに設けられた大型ノーズリルを介して排出される。さらにルーフに設けられたフィンがエアフローを外側へと導き、エンジンベイの吸気温度をより低く保つことが可能になった。

リヤのサイドパネルに設けられた開口部は、エアロダイナミクスの改善のみに使用され、こちらからエンジンベイへとフレッシュエアは導入されない。リヤホイールアーチにはインテークとサイドブレードが設けられ、エアフローを最適化。リヤディフューザーは911 GT3に由来するもので、形状に若干の変更が加えられた。

空力重視のサスペンションセッティング

公道走行可能な最強の911として開発された「ポルシェ 911 GT3 RS」のエクステリア。
フロントがダブルウィッシュボーン、リヤのマルチリンクは、より空力を意識したセッテイングが採用された。

サスペンションにも空力重視のコンセプトが導入された。ホイールアーチ内は強力な気流にさらされることから、ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションのコンポーネントにティアドロップ型を採用。リンク類の空力効率を高めたことで、トップスピードにおけるフロントアクスル周辺のダウンフォースレベルを、約40kgも増加させている。

高速時のブレーキングにおいて、フロントアクスルとリヤアクスルのダウンフォースバランスが保たれるよう、ピッチングも大幅に減少。ロワ・トレーリングアームのボールジョイントは、フロントアクスルの低い位置に設定された。マルチリンク式リヤサスペンションはスプリングレートを変更。ドライバー・アシスタンス・システムとリヤアクスル・ステアリングも、よりダイナミックなセットアップが施されている。

CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の多用など、さまざまな軽量化対策により、911 GT3 RSは大型空力コンポーネントの追加にも関わらず、重量は1450kgに留められた。ドア、フロントフェンダー、ルーフ、フロントリッドにはCFRPを採用。また、標準装備のフルバケットシートにも軽量なCFRPが導入されている。

レーシーな「RS」スタイルで仕上げられたコクピット

公道走行可能な最強の911として開発された「ポルシェ 911 GT3 RS」のインテリア。
伝統的な「RS」スタイルで仕上げられた911 GT3 RSのコクピット。無償オプションのスチール製ロールケージを組み込むことができる。

コクピットは、ブラックレザー、レーステックス、カーボンウィーブ・フィニッシュなど、典型的な「RS」スタイルで仕上げられた。また、911 GT3 RSには、追加料金なしで「クラブスポーツ・パッケージ(Clubsport Package)」を用意。このパッケージには、スチール製ロールケージ、携帯型消火器、ドライバー用6点式シートベルトが含まれている。 

ステアリングホイールには、4個のロータリーコントロールと、DRS用スイッチが配置された。ロータリーコントロールの状態は、インストゥルメントクラスター内のグラフィックに表示。さらに、911 GT3でお馴染みのトラックスクリーンも搭載されている。ドライバーはスイッチを操作するだけで、2基の7インチサイドディスプレイのデジタル表示を必要な情報だけに絞り込むことが可能。アナログタコメーターの左右にあるギアシフトインジケーターも、GT3から受け継がれた。

911 GT3 RSには、「ノーマル(Normal)」「スポーツ(Sport)」「トラック(Track)」という3つの走行モードが用意された。特にトラックモードでは、足周りのセッティングやリヤディファレンシャルの基本的な設定を個別に調整することが可能となっている。

大幅な軽量化が可能なヴァイザッハ・パッケージ

公道走行可能な最強の911として開発された「ポルシェ 911 GT3 RS」のインテリア。
有償オプションの「ヴァイザッハ・パッケージ」は、カーボンファイバー製ボンネットやルーフの採用に加えて、マグネット・テクノロジーを採用したPDKシフトパドルも導入される。

有償オプションの「ヴァイザッハ・パッケージ(Weissach Package)」は、フロントボンネット、ルーフ、リヤフェンダーの一部、エクステリアミラーのアッパーシェルが、カーボンファイバー製となる。さらにフロントとリヤのアンチロールバー、リヤのカップリングロッド、リヤアクスルのシアーパネルがCFRP製となり、ドライビングダイナミクスが大幅に向上。また、ロールケージもスチール製から初導入のCFRP製に変更。これにより、約6kgの軽量化を実現した。

ヴァイザッハ・パッケージには、モータースポーツから生まれたマグネット・テクノロジーを採用したPDKシフトパドルも含まれている。この高性能パドルは、より正確なプレッシャーポイントと明確なクリック感によって、よりダイレクトなギヤチェンジを実現。さらに、ヴァイザッハ・パッケージのオプションとして、マグネシウム製鍛造ホイールも用意されており、さらに8kgの軽量化も可能となっている。

ポルシェ 911 GT3 RSを動画でチェック!

大胆でシックなスペシャルカラーリングが施された、911 GT3 - 30イヤーズ・オブ・ポルシェ・スーパーカップ。

公道走行可能な911 GT3 カップカー!? 「ポルシェ・スーパーカップ」30周年記念でスペシャルカラーの珠玉の一台が誕生

ポルシェ・モータースポーツは、ポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクトゥール(Porsch…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部