メルセデスとCATL、ハンガリーに新たなバッテリー供給拠点

メルセデス・ベンツが中国バッテリー大手「CATL」と協力関係強化! 次世代EV開発に備える

バッテリーに関する高い技術力を持つCATLと協力関係を拡大することで、メルセデス・ベンツはさらに電動化を加速させようとしている。
バッテリーに関する高い技術力を持つCATLと協力関係を拡大することで、メルセデス・ベンツはさらに電動化を加速させようとしている。
ラインアップの電動化を強力に推し進めているメルセデス・ベンツは、次世代高性能バッテリーセル/モジュールの生産の規模を拡大するため、中国の自動車用バッテリー最大手「宁德时代(CATL:Contemporary Amperex Technology)」との供給関係を強化すると発表した。

メルセデス次世代EVにバッテリーを供給

CATLのハンガリー・デブレツェン工場においてカーボンニュートラルで製造された高性能バッテリーセルは、メルセデスの次世代EVへの搭載を予定している。
CATLのハンガリー・デブレツェン工場においてカーボンニュートラルで製造される高性能バッテリーセルは、メルセデスの次世代EVへの搭載を予定している。

2011年に中国の福建省を拠点に設立されたCATLは、自動車用バッテリーの世界最大手。現在、メルセデス・ベンツをはじめ、BMW、フォルクスワーゲン、トヨタ、ホンダ、日産、ヒョンデなどに、EV用高性能バッテリーを供給している。

今回の供給関係強化を受けて、ハンガリー・デブレツェンに建設されたCATLの新たなバッテリー工場から、ドイツとハンガリーにあるメルセデスのEV生産拠点に向けて、高性能バッテリーセルの供給が決まった。これにより、需要に即したコンポーネントの供給が可能になる。メルセデス・ベンツは、10年以内に大幅に容量を拡大したバッテリーを搭載したEVの投入計画があり、革新的なバッテリー技術を持つCATLとの協力関係強化を決めたかたちだ。

さらに、メルセデスの環境戦略を受けて、CATLのハンガリー工場においても、メルセデス・ベンツ向けバッテリーセルはカーボンニュートラルで製造されることが決まった。メルセデス・ベンツAGの開発・調達担当取締役、マーカス・シェーファーは、CATLとの協力関係について次のように説明する。

「ハンガリーにあるCATLの最新鋭バッテリー工場は、私たちの主要パートナーとともに、EV生産規模を拡大するための新たなマイルストーンになるでしょう。高い技術を持つCATLは、メルセデス製の次世代EVのために、CO2ニュートラルで製造された最高級バッテリーセルを提供することになります。さらに欧州域内で、より需要に即した供給体制を構築することも可能になりました」

メルセデス・ベンツ EQE、EQS、EQV、EQS SUVの4台イメージ

メルセデス・ベンツの電気自動車「EQ」ファミリー総まとめ。自分にぴったりな1台はどれだ?!【EQE/EQS/EQV編】

メルセデス・ベンツのBEVファミリー「EQ」シリーズは、2019年のEQCを皮切りに続々と拡…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部