最新ブリティッシュスポーツカー「アストンマーティン ヴァンテージ」と「ロータス エミーラ」を比較

英国の代表的スポーツカー「アストンマーティン ヴァンテージ」と「ロータス エミーラ」のGT性能を検証する

アストンマーティン ヴァンテージとロータス エミーラ
アストンマーティン ヴァンテージとロータス エミーラ
アストンマーティンは2024年2月に大幅な性能向上を果たした新型「ヴァンテージ」を発表した。そのパフォーマンスは一体どれほどまで高められたのだろうか。同じく英国のスポーツカーメーカー、ロータスの内燃機関モデルの集大成とされる「エミーラ」とスペックを比較してみよう。

ASTON MARTIN VANTAGE
×
LOTUS EMIRA

アストンマーティン最小モデルとミッドシップ・ロータス最大モデル

「ヴァンテージ」はアストンマーティン最小のピュアスポーツモデルだが、それでもボディサイズはロータスのミッドエンジンモデルのなかで最大となる「エミーラ」よりも大きい。乗車定員はどちらも2名だ。エミーラには車体前後とシート後方に広めのラゲッジスペースが備わるものの、グランドツーリングカーとしての利便性を考えるとフロントエンジン・リヤドライブのヴァンテージに軍配が上がる。

一方でエミーラはロータスの本懐とも言える、鼻先が軽いミッドシップレイアウトであることに加え、ヴァンテージよりも130mm短いホイールベースと200kg近く軽い車体重量も手伝って、よりシャープなハンドリングが期待できるだろう。

アストンマーティン ヴァンテージ

ボディサイズ=全長4495mm×全幅1980mm×全高1275mm
ホイールベース=2705mm
車両重量=1605kg(乾燥重量)
タイヤサイズ=275/35ZR21(前)325/30ZR21(後)

ロータス エミーラ V6 ファーストエディション

ボディサイズ=全長4413mm×全幅1895mm×全高1226mm
ホイールベース=2575mm
車両重量=1458kg
タイヤサイズ=245/35R20(前)295/30R20(後)

直線加速でエミーラを圧倒する新型ヴァンテージ

両車の加速性能には歴然とした差がある。メルセデスAMG製4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンにさらなる改良を施して、最高出力665PSを発揮する新型ヴァンテージは0-100km/h加速を3.5秒でこなし、最高速度は325km/hに達する。

エミーラは、トヨタ製の3.5リッターV型6気筒エンジンをスーパーチャージャーで過給して405PSを叩き出していはいるが、動力性能ではヴァンテージに敵わない。エミーラの0-100km/h加速タイムは6速MTモデルが4.3秒で、最大トルクがわずかに高い6速ATモデルが4.2秒と十分な加速性能だ。最高速度はどちらのトランスミッションも288km/hとなる。

直線加速では劣るものの、コーナリングスピードの比較ではヴァンテージよりもエミーラが有利だろう。また、このスペックのエンジンをMTで楽しめる点もエミーラの魅力と言えそうだ。

アストンマーティン ヴァンテージ

エンジン形式=V型8気筒ガソリンツインターボエンジン
排気量=3982cc
最高出力=665PS/6000rpm
最大トルク=800Nm/2000-5000rpm
トランスミッション=8速AT
駆動方式=RWD(フロントエンジン)

ロータス エミーラ V6 ファーストエディション

エンジン形式=V型6気筒ガソリンスーパーチャージドエンジン
排気量=3456cc
最高出力=405PS/6800rpm
最大トルク=420Nm/2700-6700rpm
トランスミッション=6速MT
駆動方式=RWD(ミッドエンジン)

メーカーの哲学がクルマづくりと価格に反映

ヴァンテージ、エミーラともに英国の一流スポーツカーメーカーがつくる、卓越した運動性能が与えられたスポーツカーである。歴代モデルに比べ、豪華な内装が備わるエミーラだが、過剰とも言えるほどの動力性能と高品質な内装が備わるヴァンテージの車両本体価格は、エミーラよりも1100万円以上高額になる。この価格差は、それぞれのメーカーの目指すところが違うため仕方がない。

エミーラにはV6エンジンモデルのほか、メルセデスAMG製の2.0リッター直列4気筒ターボエンジン+8速DCTモデル(1661万円)もラインナップする。この直4モデルは、V6モデルよりも最高出力は40PSほど低くなるが車体重量が約50kg軽く、よりロータスらしさを主張するモデルだ。

車両本体価格

アストンマーティン ヴァンテージ 2690万円
ロータス エミーラ V6 ファーストエディション 1573万円

シボレー コルベットとロータス エミーラ

ミッドシップとなったアメ車「シボレー コルベット」を英ライトウェイト「ロータス エミーラ」とスペック比較

アメリカンマッスルの代名詞とも言える「シボレー コルベット」は、2020年に登場した現行モデルでミッドにエンジンをマウントしたことで、欧州のスーパースポーツカーと真っ向から対峙することになった。新生コルベットをロータス最後の内燃機関車「エミーラ」とスペック面から比較してみることにしよう。

キーワードで検索する

著者プロフィール

ピーコックブルー 近影

ピーコックブルー