911シリーズで最も硬派なGT3 RSの新旧比較

「ポルシェ911 GT3 RS新旧比較」991.2から992への進化で何が変わって何が変わってないのか検証する

それまでの常識を覆すほどの性能を見せた991.2型911 GT3 RSだが最新レーサー並の空力デバイスを獲得した992型の性能は目を見張るものがある。
それまでの常識を覆すほどの性能を見せた991.2型911 GT3 RSだが最新レーサー並の空力デバイスを獲得した992型の性能は目を見張るものがある。
ポルシェが2022年8月に発表したタイプ992ベースの911 GT3は、まさしく“公道を走れるレーシングカー”を体現する1台。自然吸気のフラットシックスと最先端の空力デバイスを組み合わせた911シリーズ随一のアスリートは、991.2ベースからいかなる進化を遂げたのか。新旧モデルの違いを比較する。

Porsche 911 GT3 RS
Type 992 × Type 991.2

まずは驚異的なパワースペックを比較する

2022年8月にデビューした新型911 GT3 RSは、純粋なレーシングカーである911 GT3 R自慢の空力テクノロジーを直接継承し、現行タイプ992のもつポテンシャルを最大限にまで引き上げたモデルだ。ナナサンカレラから続くRSの系譜の集大成ともいえる最新911 GT3 RSは、先代のGT3 RS同様、自然吸気の4.0リッター水平対向6気筒ユニットを搭載。最高出力は先代よりプラス5ps、一転、最大トルクは5Nm低められている。

エンジンスペック

搭載ユニット:4.0リッター水平対向6気筒自然吸気
ボア×ストローク:102.0×81.5mm
総排気量:3996cc
駆動方式:後輪駆動
トランスミッション:7速PDK

992型パワースペック

最高出力=525ps/8500rpm
最大トルク=465Nm/6300rpm
最高回転数=9000rpm

991Ⅱ型パワースペック

最高出力=520ps/8250rpm
最大トルク=470Nm/6000rpm
最高回転数=9000rpm

ボディディメンションはどれほど変わった?

新型GT3 RSはレーシングカー並みの大型エアロパーツを多数搭載しているため、ボディサイズは先代より拡大。一方、CFRP素材を活用した軽量化施策により、車重の増加はできる限り抑え込んでいる。

911 RSR由来のテクノロジーとして、センタータンク内に大型のラジエータを収納し、その分生まれた余白スペースに高度な可変空力デバイスを装着した新型GT3 RS。それでいて車重が先代からわずか20kgしか増えていない点に、エンジニアの苦労がよく表れている。なお、パワーウェイトレシオは先代が2.75kg/ps、新型が2.76kg/psと、極めて近い数値を実現している。

992型ディメンション

全長×全幅×全高=4572×1900×1322mm、ホイールベース2457mm
前後トレッド=前1630 後1582mm
車両重量=1450kg

991Ⅱ型ディメンション

全長×全幅×全高=4557×1880×1297mm、ホイールベース2453mm
前後トレッド=前1588 後1557mm
車両重量=1430kg

先代の2倍以上を誇るダウンフォースを確保

調整可能な巨大リヤスポイラーや、フロントスポイラーに備えた「ルーバーベント」、ワイド化したフロントリップスポイラーなど、RS専用のエアロダイナミクスを追求した先代は、先々代を大幅に上回るダウンフォース量を確保していた。そして、「DRS」を可能にするスワンネックの上下分割式リヤウイングをはじめ、高度な可変空力デバイスを盛り込んだ最新型では、その性能をさらに凌駕する空力性能を実現している。

992型ダウンフォース

  1. 200km/h走行時=409kg
  2. 285km/h走行時=860kg

991Ⅱ型ダウンフォース

  1. 200km/h走行時=144kg
  2. 300km/h走行時=416kg

「2」の数値に15km/hの差があるのは、最高速度による。先代の310km/hに対して、より強大なダウンフォースと高いコントロール性能を追求した新型では296km/hに留めているためである。

なお、標準タイヤは先代がフロント265/35ZR20、リヤ325/30ZR20、新型はフロント275/30ZR20、リヤ335/30ZR21を装着する。

3000万円超えとなった新車価格

上記に列記した数々の条件の結果、新旧GT3 RSは次のとおり、まったくといっていいほど同じ加速性能(カタログ値)を実現している。

新旧GT3 RSは、“サーキット走行が日常の一部”というユーザーに向けたクルマだけに、無償の「クラブスポーツパッケージ」(ロールバー、消火器、6点式ハーネスなどのセット)と、有償の軽量化オプションとして「ヴァイザッハパッケージ」を用意する点も共通している。

992型パフォーマンス

0-60mph加速=3.0秒
0-99mph加速=6.9秒
0-124mph加速=10.6秒
1/4マイル=10.9秒
49-74mph=1.8秒

991Ⅱ型パフォーマンス

0-60mph加速=3.0秒
0-100mph加速=6.9秒
0-124mph加速=10.6秒
1/4マイル=10.9秒
50-75mph=1.8秒

車両価格は、先代の新車発売時が2692万円、新型は3134万円。先代の中古車市場価格が比較的高めに推移していること、そしてなにより、モータースポーツ由来の先進空力テクノロジーを積極的に採用した極めてスパルタンな仕上がりに鑑みると、3000万円強の新車価格は魅力的といえるかもしれない。

公道走行可能な最強の911として開発された「ポルシェ 911 GT3 RS」のエクステリア。

「ポルシェ 911 GT3 RS」がワールドプレミア! 最強仕様タイプ992の驚くべきその中身とは【動画】

ポルシェは、911シリーズの頂点に立つハイパフォーマンス仕様「911 GT3 RS」を、ワー…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…