2021年のサロン・プリヴェで初お披露目された電気で走る911

電動のタイプ964「エバラティ」、ガルフ・カラーを纏って世界初公開!

ガルフ・カラーを纏った電動964、「エバラティ エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグネチャー エディション」を世界初公開
エバラティ エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグネチャー エディションのフロントスタイル
エバラティ・オートモーティブ・リミテッド(Everrati Automotive Limited)は、9月1日から5日まで、英国・オックスフォードシャー州のブレナム宮殿で開催されている「サロン・プリヴェ(Salon Prive)」において、ポルシェ911(タイプ964)をベースとした電動モデル「エバラティ エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグネチャー エディション」を世界初公開した。

Everrati electric Porsche 911 Gulf Signature Edition

最高システム出力は500bhpを発揮

ガルフ・カラーを纏った電動964、「エバラティ エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグニチャー エディション」を世界初公開
タイプ964をベースに、最高システム出力500bhp、最大トルク500Nmを発揮する電動パワートレインを搭載。航続距離は290kmを確保した。

2019年に英国オックスフォードシャーを拠点に設立されたエバラティ・オートモーティブ・リミテッド(エバラティ)は、ヒストリックカーをベースに電動パワートレインを搭載し、リエンジニアリングするスタートアップ企業だ。

2021年のサロン・プリヴェにおいて、エバラティは南アフリカのスーパフォーマンス(Superformance)社と共同開発した「フォード GT40」の電動バージョンに加えて「エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグネチャー エディション」を初めて一般公開した。

フルレストアされたタイプ964をベースに、カーボンファイバー製ボディエレメントを装着。53kWh容量のバッテリーパックとバッテリーマネジメントシステムを組み合わせた、最先端の電動パワートレインを搭載する。

電動パワートレインの最高システム出力は500bhp、最大トルクは500Nm。1990年代に活躍したオリジナルのタイプ964の2倍以上のパワーを誇ることになる。最大航続距離は180マイル(約290km)以上を確保し、0-62mph加速は4秒以下という抜群の瞬発力を実現した。

伝統的なガルフ・カラーを採用

ガルフ・カラーを纏った電動964、「エバラティ エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグニチャー エディション」を世界初公開
エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグネチャー エディションは、モータースポーツで偉大な歴史を刻んできたガルフ・カラーを採用した。

エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグネチャー エディションは、ガルフ・インターナショナルとのパートナーシップの一環として、オレンジとブルーのガルフ・カラーが採用された。この特徴的なカラーリングは、ポルシェをはじめ様々なマニュファクチャラーのレーシングカーを彩ってきた。

世界的なエネルギー企業として知られるガルフは、近年、Eモビリティの分野にも積極的に関与しており、その点でエバラティとも理念が一致。エバラティ・オートモーティブ・リミテッドの創設者のジャスティン・ラニーCEOは、エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグネチャー エディションについて次のようにコメントした。

「エバラティは、アイコニックなタイプ964をベースにしたフルEV仕様で、クリーンエネルギーが必要とされる未来においてもドライブを楽しむことを可能にします。電動化され、美しいガルフ・カラーを纏った最初の作品を、自動車業界のレジェンドたちと共にサロン・プリヴェで公開できたことを誇りに思います」

「ガルフの美しいブルーとオレンジのカラーリングに、エバラティが誇る最先端の電動パワートレインを組み合わせたことで、エレクトリック ポルシェ 911 ガルフ シグネチャー エディションは、真に優れたゼロエミッションスーパースポーツとなりました」

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部