高品質を保証する専用治具を用いた生産体制を確立

RML ショートホイールベース、2年の開発期間を経て生産モデルの製造をスタート

RML ショートホイールベース、2年の開発期間を経て2021年末から生産モデルの製造をスタート
RML ショートホイールベース、2年の開発期間を経て2021年末から生産モデルの製造をスタート
英国の自動車エンジニアリング企業「RMLグループ」は、1959年製フェラーリ 250GT SWBからインスパイアされ、クラシカルなフォルムと現代的な機能を兼ね備えた新たなロードカー「RML ショートホイールベース」の開発を続けている。今回、プロジェクト・リードエンジニアを務めるニック・ラザフォードが、現在の開発状況について説明した。

RML Short Wheelbase

リードエンジニアが語る現在の開発状況

RML ショートホイールベース、2年の開発期間を経て2021年末から生産モデルの製造をスタート
プロジェクト・リードエンジニアを務めるニック・ラザフォードが、プロジェクトスタートから2年間を経たRML ショートホイールベースの開発状況を説明してくれた。

RML ショートホイールベースは、最高出力478bhp(485ps)・最大トルク419lbft(568Nm)を発揮するフェラーリ製5.5リッターV型12気筒エンジンを搭載。フェラーリ製6速マニュアルギヤボックスを介して後輪を駆動し、エクステリアは250GT SWBを思わせるフォルムが採用されている。

ニック・ラザフォードは、RML ショートホイールベースの開発モットーを「ディテールへのこだわり」だと明かした。

「開発に際して、私たちは3つの分野に注力しています。シャシーに採用された全く新しいコンポーネントの開発、250 SWBから導入したコンポーネントの改修、ドナーカーのフェラーリ 550のプラットフォームから引き継がれた一部のコンポーネントの修正です。すべてのコンポーネントをスキャンし、リバースエンジニアリングを行うことで、ショートホイールベースの新しいデザインに完璧に統合することができました」

高いクオリティを実現する製造治具が完成

RML ショートホイールベース、2年の開発期間を経て2021年末から生産モデルの製造をスタート
プレミアムメーカーの市販モデルと変わらないクオリテイを実現するため、RML ショートホイールベース用の治具が完成した。

今回、RML ショートホイールベース用の治具が完成。新規パーツをレーザーでカットしスキャンすることで、組み付け誤差を最小限に抑えることができる。この治具では最大公差0.25mmという非常に低い数値を実現。これによりシャシー/ボディのフィット感と仕上げが、何千台もの車両を生産するプレミアムメーカーと変わらない基準を満たすことが可能になった。

「プレミアムメーカーと変わらない高品質の車両を作ることは、私たちにとって慣れ親しんだ作業です。RMLは、有名メーカーの高級車を開発・製造してきた豊富な経験があります。しかし、今回のショートホイールベースは、私たちの名前が入った1台なのです」と、ラザフォード。

RML ショートホイールベースのカーボンコンポジット製ボディを装着する前に、550のシャーシ中央部を治具のサスペンションマウントに合わせ正しく収まっているかを確認。その後、新たに形成されたシャシーセクションを追加し、シートとボディマウントを追加する。最後にすべてを溶接し、「e-coated(電気泳動法)」とパウダーコーティング工程へと進む。

限定30台を製造し、2022年初頭からデリバリー

RML ショートホイールベース、2年の開発期間を経て2021年末から生産モデルの製造をスタート
現在、RML ショートホイールベースの開発は最終段階にあり、2021年末から最初の生産モデルの製造がスタートする。デリバリーは2022年初頭を予定している。

RML ショートホイールベースのボディは、ウインドスクリーンからテールまで完全に一体型パーツとして成型される。これにより、許容誤差を最小限に抑えることができるだけでなく、万一のアクシデントの際にも非常に安全で剛性の高い構造を実現した。

メインセクションとフロントセクションがシャシーに取り付けられると、構造的なメインアセンブリが完了。続いてフェラーリ製V12パワートレイン、特注のインテリア、修正されたサスペンションなどのサブアッセンブリーを追加する。

RMLグループのチーフエグゼクティブを務めるマイケル・マロックは、RML ショートホイールベースの完成度に胸を張る。

「2年間の開発期間を経てショートホイールベースを担当する60名のRMLチームは、私たちの能力を具現化した真にユニークな車両の生産に向けて動き出しています。クラシカルなフォルムと現代的な機能を融合させたRML ショートホイールベースについては、これまでにも多くのお話をしてきました。このクルマを際立たせているのは、製造工程においてチームが細部にまで妥協なくこだわったことです」

RML ショートホイールベースは30台のみが製造され、1台あたりの完成までに約6ヵ月を要する。世界中から寄せられた旺盛な需要に応えるため、同時に最大6台の生産が計画されている。最初のショートホイールベースの生産は2021年末から開始され、2022年初頭に最初のカスタマーにデリバリーされる予定だ。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部