テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > 炭素材料の研究開発※自動車業界経験不問

炭素材料の研究開発※自動車業界経験不問

求人企業名:環境技術に強みを持つ、トヨタ系列の自動車用触媒メーカー

年収 400万円〜700万円
勤務地 静岡県
職務内容 ■職務概要:
燃料電池用電極触媒や?動?の電動化に向けた炭素材料などの先進技術分野にも?を?れており、当該部?にて、研究開発エンジニアとしてご活躍頂きます。
■詳細:
炭素材料や電気化学の知?を?いて燃料電池?、電池?導電材、キャパシタなどの各種カーボン材の研究開発業務を担当して頂きます。
顧客との共同研究による?向性や仕様検討、試作評価、量産設計までの?連のプロセスを担当頂く事を想定しています。
今後想定されるパワートレインの変化に対する対応を強化していくために既存の組織を統合し【先進材料開発部】を新設。数?名の組織として同業務を?い、同社の次なる事業
の柱へと成?させるフェーズである為に?常にやりがいも?きく、積極的に研究開発への投資が?われています。
海外勤務の可能性 場合によって有り
必要な経験・資格 【必須要件】
■必須条件
・無機、有機化学の何れかにに関する研究開発経験
・電気化学、炭素材料に関する知識経験
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 8:00〜17:00
福利厚生 寮・社宅、退職金、財形貯蓄
教育・研修制度 OJT研修 等
企業情報 【概要・特徴】
東証一部上場完成車メーカーのグループ会社で自動車触媒において国内トップクラスシェアメーカー。
世界各地に拠点を展開しています。

【注力分野・強み】
キャパシタ用炭素材などの研究開発を進めています。
同社の触媒によって、燃料電池車に不可欠で高価なプラチナの使用量を3分の1まで減らすことができ、大幅なコストカットにつながっています。

【ワークライフバランス】
・全社平均残業時間:約30時間/月
・離職率も、定年・結婚出産などを含めて約1%と定着率の高い環境です。
おすすめポイント 自動車用触媒で国内トップクラスを誇る自動車部品メーカーで研究開発職を募集しています。
燃料電池用部品などの次世代技術の開発に積極的に取り組んでいる企業のため、これまでの経験を活かしながら、新しいノウハウも学ぶことができる環境です。
お問い合わせ番号 168133

関連求人情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス