日産の軽EV「サクラ」が自動車アセスメント(JNCAP)「自動車安全性能2022」で最高評価「ファイブスター賞」を獲得!

日産は24日、自動車アセスメント(JNCAP)で衝突安全性能と予防安全性能などを統合して評価する総合評価「自動車安全性能2022」において、「日産サクラ」が最高評価「ファイブスター賞」を獲得したことを発表した。日産サクラのファイブスター賞獲得は、2020年度に軽自動車として初めて同賞を受賞した「日産デイズ」、2021年度に受賞した「日産ルークス」に続き、軽自動車として3車種目となり、日産の軽自動車の安全性の高さを示した。

2022年6月に投入された軽規格EV「日産サクラ」は、軽自動車ならではの小回り性能に加え、圧倒的な静粛性や力強くなめらかな加速、上質で洗練されたデザインで包み込む広々とした室内空間、日常使いに十分な航続距離、充実した先進技術などが顧客から高評価を集めている。

自動車アセスメント(JNCAP)は、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)により、自動車の安全性能を評価・公表するもので、その最高評価となる「ファイブスター賞」は、「衝突安全性能評価」と「予防安全性能評価」の両評価で最高ランクを獲得、且つ「事故自動緊急通報装置」を備えた車両にのみ与えられる非常にハードルの高いものとなっている。

今回、日産サクラは、「自動車安全性能2022」において、「高強度安全ボディ(ゾーンボディ)+歩行者傷害軽減ボディ」と「7つのエアバッグ」による普通乗用車にも匹敵する衝突安全性能に加え、検知対象を人が乗車している自転車にも拡大した「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」などの先進安全装備で構成される「360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)」の採用により、最高評価「ファイブスター賞」を獲得。さらに、電気自動車「日産リーフ」の開発で培った技術をあますことなく「日産サクラ」へ投入することで「衝突後の感電保護性能評価」もクリアし、軽電気自動車の安全性の高さを実証した。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部