BMWの新型「4シリーズ・グランクーペ」が上陸! 縦型の大型キドニーグリル採用で新世代モデルを明確にアピール

7月16日、ビー・エム・ダブリューはフルモデルチェンジを受けた新型「4シリーズ・グランクーペ」の日本導入を発表し、同日発売した。税込車両価格は620万円〜1005万円で、顧客への納車は9月以降の予定。

2.0ℓターボの「420i」と高性能Mモデルの「M440i xDrive」を設定

BMW 4シリーズ・グランクーペは、スポーティでエレガントなデザインとダイナミックな運動性能を持つBMW 4シリーズ・クーペをベースに、4ドアモデルの優れた機能性を高次元で融合した革新的な商品コンセプトを持つ、プレミアムミドルクラスの4ドアクーペである。

このたび上陸した新型のボディサイズは全長4875×全幅1850×全高1450mmで、ホイールベースは2855mm。デザインは、すでに日本でも販売中の新型4シリーズ・クーペと同様に、BMWのアイコンとなるキドニーグリルを、1930年代に一世を風靡したBMW 328、1960年代に登場のBMW 1600やBMW 2002と同様に、縦型にデザインすることで、スポーティかつエレガントなキャラクターを際立たせている。さらに、キドニーグリルを大型化することで、その存在感を余すことなく表現している。

リヤビューでは、BMW伝統のL字型リヤコンビネーションライトを、BMW 4シリーズ同様に立体的かつ有機的な曲線を与え、さらにライトまわりをブラックアウトすることで、BMWのクーペらしい個性を表現。

サイドのデザインは、BMW伝統のショートオーバーハング、長いボンネット、そして4ドアモデルとは思えない流れるような美しいルーフラインを持つ、魅力的なプロポーションを実現。クーペらしい美しいプロポーションはそのままに、居住性を高めているのはグランクーペらしい特色だ。

日本仕様は「420iグランクーペ」と高性能Mモデルの「M440i xDriveグランクーペ」2機種が設定され、420iにはスタンダードモデルのほかにMスポーツもラインナップされている。

420iには、184ps/300Nmを発揮する2.0ℓ 直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。基本コンポーネンツを共有する3シリーズのスポーティな走りにさらに磨きをかけ、グランクーペらしいダイナミックな走りを実現するために、サスペンション取り付け部やアンダーフレームを強化するとともに、高剛性ボディを採用することで、ロール剛性の強化、きれのあるスポーティなハンドリングに加え、衝突時の安全性能も向上させている。

また、アルミニウム材をボンネットだけではなく、エンジンキャリアや、エンジンキャリア接続部に用いることで、ボディ剛性の強化と軽量化という相反する性能を実現。さらに、大きな開口部を持つハッチバック化に伴う車体剛性低下を補うために、リヤまわりにはブレースが追加されている。

一方、Mパフォーマンスモデルに位置付けられる高性能版「M440i xDriveグランクーペ」には、374ps/500Nmを引き出す3.0ℓ 直列6気筒ガソリンターボエンジンを搭載。BMWのインテリジェント4輪駆動システム「xDrive(エックスドライブ)」や、Mアダプティブ・サスペンション、Mディファレンシャルによって、悪路でも安定したコントロールとスポーティな走りを実現することが可能だ。0-100km/h加速タイムは4.7秒(欧州仕様値)と発表された。

M440i xDriveグランクーペは、4シリーズ・グランクーペのスポーティかつエレガントなデザインに加えて、Mパフォーマンスモデル専用色となるセリウムグレーを、キドニーグリルやエアインテーク、エアブリーザー、ミラーキャップに採用することで、ハイパフォーマンスモデルとしての存在感と個性を際立たせている。また、トランクリッドには、Mリヤスポイラーを装備し、空力特性を高め、高速走行時の安定性を向上させている。

新型4シリーズ・グランクーペには、BMW社が国内認可取得モデルとして初めて導入したハンズオフ機能を搭載。「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」とは、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システムで、一定の条件下において、ドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、ステアリングから手を離して走行が可能となる。

新型にはさらに、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)やレーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシストといった先進機能で構成する安全機能・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」を標準装備しているほか、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となるリバースアシスト機能を採用するパーキングアシスタントも標準装備。

また、AI技術を活用することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW最新の機能を搭載した「BMWインテリジェント・パーソナルアシスタント」や、BMW最新のコネクテッド技術を採用した「BMWコネクテッド・ドライブ」も採用され、新世代BMW車にふさわしい完成度を実現している。

●新型「BMW 4シリーズ・グランクーペ」モデルラインナップ
・420i グランクーペ:620万円
・420i グランクーペMスポーツ:660万円
・M440i xDrive グランクーペ:1005万円
※価格は消費税込み

●BMW公式WEBサイト「4シリーズ・グランクーペ」

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部