マツダCX-5 vs マツダCX-8 トランク比較

同門対決 マツダCX5とCX-8。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

マツダCX-8
マツダのCX-5とCX-8は、魂動デザイン、SKYACTIVテクノロジーを採用する人気のSUVだ。2.2ℓディーゼルエンジン搭載車が人気の両モデル、サイズは違うが「5か8」で迷う人もいるはず。そのトランクスペースを比べてみた。
トップ写真:CX-8
CX-5

マツダCX-8の最大の魅力はいうまでもなく「3列シート」だ。ほぼミニバンしか選択肢がなかった6/7人乗りにスタイリッシュな魂動デザインのSUVで殴り込みをかけたカタチだ。
3列目シートを使うことは、滅多にないんだけど、「その時」のために、3列シート車を選ぶ人もいるだろう。
しかし、「滅多に使わないなら2列シート=CX-5で充分」という人もいるはずだ。フラッグシップのCX-8とCX-5で迷う人がどのくらいいるかわからないが、ここではそのラゲッジスペース比較をしてみよう。

その前に、まず全体のサイズ比較から。

マツダCX-5 XD Lパッケージ 全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mm ミラーtoミラー:2110mm

Aピラーの位置が前型より約35mm後退し、視覚的にはフロントオーバーハングが延長されたような伸びやかさが感じられる。全長の増加はわずか5mmで、取り回しの良さは前型と同じく高い。
マツダCX-5 XD Lパッケージ
全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm
ホイールベース:2700mm
車重:1600kg
エンジン:2.2ℓ直4ディーゼルターボ
最高出力:200ps(147kW)/4000rpm
最大トルク:450Nm/2000rpm
トランスミッション:6速AT
駆動方式:FF
最小回転半径:5.5m
WLTCモード燃費:17.4km/ℓ
車両本体価格:352万円

マツダCX-8 XD PROACTIVE(7人乗り) 全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm ホイールベース:2930mm ミラーtoミラー:2110mm

4900mmに達する全長とロングホイールベースにより、伸びやかなスタイリングを実現。その一方で全幅は1840mmと特段広いわけではなく、取り回しは決して悪くない。
マツダCX-8 XD PROACTIVE(7人乗り)
全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm
ホイールベース:2930mm
車重:1890kg
エンジン:2.2ℓ直4ディーゼルターボ
最高出力:200ps(147kW)/4000rpm
最大トルク:450Nm/2000rpm
トランスミッション:6速AT
駆動方式:フルタイム4WD
最小回転半径:5.8m
WLTCモード燃費:15.8km/ℓ
車両本体価格:382万8000円

サイドビューでわかるように、CX-8はCX-5のストレッチ仕様と考えていい。延長されたホイールベースとキャビンにサードシートを追加しているわけだ。ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

マツダCX-5 XD Lパッケージ 室内長×室内幅×室内高:1890×1540×1265mm

水平基調のインパネで広々感を演出。Aピラーが後退した効果で左右の見晴らしも良好だ。メーター右側のマルチディスプレイがカラーとなるグレードには、ヘッドアップディスプレイも標準装備となる。ナビ用SDカードはディーラーオプション。
フロントシート高:650から660mm 体圧分布を最適化した新設計のシートを採用。Lパッケージにはピュアホワイトも設定され、運転席電動シートや前席シートヒーターも装備する。
後席シート高:660mm 後席ニークリアランスは、約180mmで背もたれを一段後傾させることも可能だ。

室内寸法を比べてみれば、幅と高さはCX-5とCX-8ではほぼ同等だ。室内長だけロングホイールベースで3列シートのCX-8が800mm長い。ホイールベースの違いは、230mm(CX-8の方が長い)である。

マツダCX-8 XD PROACTIVE(7人乗り)室内長×室内幅×室内高:2690×1540×1250mm

存在感のあるセンターコンソールや巧みな加飾使いで、フラッグシップに相応しい上質感を演出。三眼メーターの視認性も高いが、一部のグレードに標準装備するヘッドアップディスプレイはさらに便利だ。ナビゲーション機能はディーラーオプション。
3列目シート
2列目シート高:750mm 写真は2列目が6対4ベンチシートのモデル。左右独立のスライド機構でシートを前にスライドさせると、3列目には約130mmのニークリアランスが生まれる。
フロントシート高:630から680mm XDを除くグレードにはメモリー機能付き運転席10ウェイパワーシートを標準装備する。前席シートヒーターも備わる。写真のシートトリムはクロス地。

CX-5とCX-8の前席周りは、加飾が多少異なるのみでデザインとレイアウトは共通だ。違うのは、セカンドシート以降。CX-8のセカンドシートの位置は最後端位置にセットしてCX-5と同等。つまり、サードシート使用時のセカンドシートは、CX-5よりも実質的に狭くなるわけだ。また、CX-8のセカンドシートは、キャプテンシートとベンチシートの設定がある(撮影車はベンチシート)。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部