スバル/STI、『東京オートサロン2022』で2台のコンセプトEVを初公開!!

スバル/STIの近未来コンセプトEVはシステム最大1088㎰のモンスター!! 【東京オートサロン2022】

STIの近未来モータースポーツEVコンセプト、『STI E-RA CONCEPT』。
スバルは同社のモータースポーツ統括会社であるSTIと共同で『東京オートサロン2022』に出展、『STI E-RA CONCEPT』および『SOLTERRA STI CONCEPT』を初公開した。
STIの近未来モータースポーツEVコンセプト、『STI E-RA CONCEPT』のフロントビュー。先端のSTIのエンブレムが誇らしい。
STIの近未来モータースポーツEVコンセプト、『STI E-RA CONCEPT』のリヤスタイル。

スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社(以下、STI)と共同で、『東京オートサロン2022』に出展、『STI E-RA CONCEPT』および『SOLTERRA STI CONCEPT』を初公開した。

『STI E-RA CONCEPT』は、カーボンニュートラルな時代において、クルマが愉しいものであり続け、クルマがユーザーの人生を豊かにするものであり続けるために、モータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的とし、『STI 近未来モータースポーツ スタディプロジェクト STI E-RA CHALLENGE PROJECT』で開発を進めてきた『STI E-RA』のコンセプトカーで、『STI E-RA (Electric-Record-Attempt)』とは、STIのDNAである「記録への挑戦」の意味を込めて命名したものだという。

それゆえ『STI E-RA CONCEPT』は、2022年に国内サーキットを含む走行実験を重ねたのち、2023年以降にニュルブルクリンクサーキットでのタイムアタックを敢行、ラップタイム400秒(6分40秒)に挑戦することを最初の目標としており、プレスカンファレンスにおいてSTIの平岡泰雄社長は「現状ではレース参戦の計画はなく、スタディモデル」との旨を述べている。

スバルの強みであり個性とも言える「全輪制御技術」の知見を活用、システム最大800kW(1088㎰)という高出力を、新たに採用する独自の4モーター4輪トルクベクタリング技術で制御するという。モーターはヤマハ発動機から供給をうけたハイパーEV向けギヤ、インバーター一体式大トルク高回転タイプを採用し、蓄電量60kWhのリチウムイオンバッテリーで駆動する。

独自のトルクベクタリングシステムは、走りの愉しさを最重要課題としたドライバー志向の制御となっており、4輪それぞれのグリップ限界までバランスを均等化させることで、グリップレベルを最大限に引き上げるとともに、車体の姿勢を安定させる技術だ。最大の効果を得るためには、荷重移動に伴って最適な駆動トルクを4輪に独立に与える事が最良の手段であるとし、車輪速、車速、舵角、G、ヨーレート、ブレーキ圧、輪荷重などの各種センサーからの信号をリアルタイムに計算、目標のスタビリティファクターになるよう各輪の駆動制動トルクを決めてインバーターに指示を出す。

4輪へダイレクトにモーターが付いているため応答性が高く、かつ車体のヨーを直接的にコントロールできる構造は、車両運動性能を最大化できるシステムとして考えられ、将来のモータースポーツ車両(FIA E-GT)のレギュレーションにも盛り込まれていることから、STIが取り組む最適な方向性と捉えているという。

スバル初のグローバル展開するBEVモデルである『ソルテラ』をベースにSTIがカスタマイズした『SOLTERRA STI CONCEPT』。

『SOLTERRA STI CONCEPT』は、スバルが2021年11月11日に世界初公開した、初めてグローバルに展開するBEVモデルの『SOLTERRA(ソルテラ)』をベースに、チェリーレッドのアンダースポイラーやルーフエンドスポイラーなど、「スバルらしさ」のひとつであるスポーティな走りのイメージを、STIによってエクステリアに付加されたコンセプトカーだ。

このほか『東京オートサロン2022』の同社ブースでは、『LEVORG STI performance CONCEPT』、『WRX S4 STI performance CONCEPT』、カスタマイズモデルの『SUBARU BRZ STI performance』などが展示されている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部