「待ってろ、フェアレディ!! 」豊田社長、東京オートサロンで吠える

TOYOTA GAZOO Racing、GR GT3 Concept、GRMNヤリスを世界初披露!! 【東京オートサロン2022】

『東京オートサロン2022』で世界初披露になったGRMNヤリス。
TOYOTA GAZOO Racingは1月14日、『東京オートサロン2022』にて『GRMNヤリス』と『GR GT3 Concept』を初披露しました。
『東京オートサロン2022』で世界初披露されたGR GT3 Concept。

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、1月14日、『東京オートサロン2022』にて、プロドライバーと共に鍛え上げたGRヤリスのフルチューンモデル、500台限定販売の『GRMNヤリス』とカスタマーモータースポーツの最高峰であるGT3のエントラントに向けた『GR GT3 Concept』を初披露した。

コロナ禍のため配信で行なわれたプレスカンファレンスには、GAZOO Racing Companyの佐藤恒治プレジデントとトヨタ自動車の豊田章男社長が登場。TGRは、モータースポーツ業界をサステナブルにしていくために、カスタマーモータースポーツ活動の取り組みをさらに加速させ、ドライバーファーストのクルマづくりを推進していくと熱く語った。つまり「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」だ。これを具現化したのが『GRMNヤリス』と『GR GT3 Concept』だという。

500台限定発売が発表されたフルチューンモデル、『GRMNヤリス』。

『GRMNヤリス』は、「モータースポーツの現場で“スピーディに、かつ人に合わせて進化するクルマ”を、お客様にもお届けしたい」という“モリゾウ”の名で様々なレース活動に参戦している豊田社長の思いから始まったと言い、「ドライバーファーストなクルマづくり」を通じて『GRヤリス』を鍛え上げたフルチューンモデル。

モータースポーツ参戦からの学びを生かし、ボディ剛性強化や約20kgの軽量化、車高10mm低減による低重心化、全幅10mm拡大による空力改善を実現したほか、壊しては直すを繰り返し、性能向上させた機械式LSDやクロスギアレシオトランスミッションとローファイナルギヤのセットを採用。また、プロドライバーによる走り込みによって制動力やグリップ、コーナリング性や追従性も向上させ、より安心して速く走れるクルマへと進化させている。500台限定販売で、本日(1月14日)よりTGR WEBサイトにて予約抽選の受付を開始する。

『GR GT3 Concept』はカスタマーモータースポーツの最高峰であるGT3のエントラントに向けたレース専用車両だが、この車両の開発にあたっては豊田社長から「勝てるクルマを作れ!」という指示をされたと佐藤プレジデントが明かす。プレスカンファレンスの席上、ライバルには日産が同クラスに投入することが予想される新型フェアレディを挙げた豊田社長は「待ってろ、フェアレディ!!」と気勢を上げた。

なお、今後は、『GRヤリス』同様に「モータースポーツ用車両を市販化する」という逆転の発想で、TGRがモータースポーツの現場で得た知見、磨いてきた技術をGT3車両開発だけではなく量販車開発でも生かし、「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」をさらに推進していくという。つまりこれは、「『GR GT3 Concept』のロードゴーイング・バージョンの発売も期待できるかもしれない?」ということだろうか。大いに期待したい。

『LEXUS NX PHEV OFFROAD Concept』もブースにて展示中。
『LEXUS ROV Concept』も展示中。“ROV”とは「レクリエーショナル・オフ・ハイウェイ・ビークル」の略。

このほか『LEXUS/PATHFINDER AIR RACING エアレース』参戦機体の1/3スケールモデル、NX PHEV OFFROAD Concept、ROV Concept、bZ4X GR SPORT CONCEPTなどが展示されたブースは、今回のコンセプトを明確に体現したものとなっている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部