日産アリアが「オートカラーアウォード2021」のグランプリを受賞!

日産自動車は1月26日、同日開催されたモビリティのカラーデザインに焦点を当てた顕彰制度「オートカラーアウォード2021」(主催:一般社団法人 日本流行色協会JAFCA)において、「日産アリア」がグランプリを受賞したと発表した。

太陽を思わせる外装色、落ち着きのある内装色ともに、ストーリー性に富む魅力的なカラーデザインに昇華させたことなどが評価

日産アリアは、EVならではの力強い加速、滑らかな走り、そして静粛性を兼ね備えながら室内はラウンジのような心地よい空間を実現した、乗る人すべてに心地よくワクワクするドライブ体験を提供する革新的なクロスオーバーEV。

今回のグランプリ受賞は「『Timeless Japanese Futurism』に基づいた『禅の精神』と電動化の最先端技術を、グローバルな視点で斬新な考え方によって融合させたこと。さらに、太陽を思わせる外装色、落ち着きのある内装色ともに、ストーリー性に富む魅力的なカラーデザインに昇華させたことなどが評価された。

受賞したカラーは「Rise beyond the new horizon」をテーマとした内装色のブルーグレーと車体色の-暁-アカツキ-(サンライズカッパー/ミッドナイトブラックの2トーン)のコンビネーションで、夜から朝にかけて太陽の動きによって変化する大気の色を、夜明け前のブルーグレーと、明けてゆく際の暁として表現。このコンビネーションカラーは、禅の精神をモダンなデザインのなかに落とし込んだカラーデザイナーの発想と、世界の各拠点のデザインチームとの協働によって生み出されたものだ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部