MAZDA PORTER VAN | いつだって全開!! サブロク倶楽部 マツダ・ポーターバン

毎月掲載しているホットなサブロクを紹介しているコーナー!!
子供のころに実家が3台続けて
新車を乗り継いだポーターキャブ。
思い出のクルマを手にしたものの
さらに古いポーターが好きになった。
【G-WORKSアーカイブス】

板金職人が作ったポーターレーシング!

ポーターキャブからSC付トラックへ

子供の時の記憶や思い出は鮮烈なもの。誰だって幼心に憧れたものや人のことは忘れないはずだ。オーナーにとり、兼業農家だった実家にあったポーターキャブがそれ。農作業に使うため、当時新車が一番安かったという理由で購入したが、これがよく走る。その後も2台のポーターキャブを乗り継いだというから、よほどお気に入りだったのだろう。

当然、オーナーにも強いインパクトを与えた。大人になり上京するも、ちょっと郊外が好き。そこで身につけた板金塗装の技を活かす工場を建てて独立された。独立してすぐ、思い出のポーターキャブを手に入れた。カスタムをして楽しんでいたが、無性にもっと古いポーターが気になってきた。そこでポーターキャブは手放し、ポータートラックを手に入れてカスタムしてみた。

このトラックは以前に本誌でも紹介しているスーパーチャージャー付き。「ノーマルよりちょっと速いくらい」だったそうだが、あまりに目立つので降りてしまう。

ポーターバン・マメ知識

オート3輪が主流だった戦後のマツダは軽3輪のK360に代わる主力商用車として1961年にB360を発売。バンとトラックをラインアップして1968年にモデルチェンジしたのがポーターだ。当初は水冷4気筒エンジンを採用していたが、あまりに走らない。そこで1973年にシャンテと同じ2ストロークエンジンへ切り替える。76年で生産終了し、キャブオーバーのポーターキャブが存続した

SUSPENSION

プロが作ると段差も塗装のムラもない。黄色いロゴステッカーは友人作
FRONT 7.7J-10+145SR10 加工ワイドホイールはオーナーのお手製。お皿を奥にしてオフセット変更! 実測136mm!
実測136mm! ウルトラワイドのリムはゴルフカートのホイールがベース
REAR 8.8J-10+165/70R10 リヤも自作ワイド加工ホイール。なんとSタイヤを組み合わせた! 実測130mm!
実測130mm! フロントより狭いがお皿の位置を変えてオフセット変更
平らだ! 純正リーフをまっ平に加工。短いダンパーと組み合わせた
ハミ出る! タイヤは前後とも引っ張りに組む。飛び出るリムにカーボンシール!

ENGINE

ノーマルだよ! 以前のトラックはスーパーチャージャー仕様にしたがバンはノーマルのまま。不動車を自ら復活させた
3連! エアホーンは3連装してあり、かなりの音量なのだ!
シャシーブラック! ボンネット裏はシャシーブラックの上から黒く塗装してある
ピロアッパー!
車高調は自作。ピロアッパーも自作したものだ
G-ワークスでは今回紹介したポーターバンをはじめ、さまざまな国産旧車を掲載中!懐かしの車両に出会えるかもしれません。

キャブ車からターボ車まで、令和に残るクルマ改造雑誌
みんなの知りたい情報満載!G-ワークスは毎月21日発売!

G-ワークス 2022年 5月号

【主な内容】 
70年代と80年代のスカイラインとマークII 

明るい未来があると信じて前に向かっていた時代。その時代のクルマたちは輝いていたもの。70年代と80年代に作られたスカイラインとマークIIを紹介 

70系スローラバン&カリーナ カスタム/修復開始! 

今月号からトヨタ旧車のカスタムと修復が始まるゾ!!70カロバンはレーシングドライバー飯田章選手、カリーナは根本監督だ!! 

L型用カムシャフトを知る!! 

現在でも大人気の日産L型エンジン。その性能を左右するカムシャフトに注目!!L型第一人者の呼び声高い、オートサービス渡部のカムで解説するぞ!! 

著者プロフィール

G-WORKS編集部 近影

G-WORKS編集部