ルノー独自のフルハイブリッドシステムを搭載した新型クーペSUV「アルカナ」が上陸! 税込429万円で5月26日に発売

日本上陸を果たすアルカナ
ルノー・ジャポンはこのほど、新型クーペSUV「ARKANA(アルカナ)」を日本に導入し、5月26日に発売すると発表した。発売されるのは「アルカナR.S.ライン E-TECH HYBRID」の1グレードで、税込車両価格は429万円。

F1で長年培ってきたノウハウを活用した1.6ℓハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」を搭載

アルカナはSUVの機能美とクーペのエレガントさを併せ持つ都会的なフォルムが特徴だ。ボディサイズは全長4570×全幅1820×全高1580mm、ホイールベースは2720mm。200mmを確保した最低地上高や、筋肉を思わせるボディサイドの造形、張り出したフェンダーといったSUVの持つ力強さ、そして優雅に弧を描くエレガントなルーフラインが主張するクーペスタイルにより、確かな個性を実現している。

エクステリアは個性的なディテールも見逃せない。フロントにはF1に着想を得たフロントブレードが装着され、LEDのヘッドライトにはルノーモデルを象徴するCシェイプのデイタイムランプを採用。リヤランプにもCシェイプが組み込まれ、テールゲート幅全体に伸びるシグネチャーランプと一体になって、緊張感をもたせたスタイリッシュな独自の表情を創出している。

アルカナには、ルノーが独自に開発したフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」を採用。94ps/148Nmを発揮する自然吸気式1.6ℓ直列4気筒ガソリンエンジンに、49ps/205Nmを発する駆動用モーターと20ps/50Nmのサブモーター「HSG(ハイボルテージ・スターター・イェネレーター)」、そしてリチウムイオンバッテリーが組み合わされる構成で、モータースポーツの世界で使用されるドッグクラッチを採用した軽量コンパクトな電子制御ドッグクラッチマルチモードATでこれらを繋ぐ。駆動方式はFFだ。

このハイブリッドシステムはルノーがF1で長年培ってきたノウハウが活かされており、低速域から高速域まで全域にわたって最も高い効率となるようモーターとエンジンを最適に組み合わせる制御を行うことで、ダイレクトかつスムーズなドライブフィールと低燃費を実現。WLTCモードは22.8km/ℓと発表された。

インテリアは、カーボン調トリムとレッドラインが目を引く上質でスポーティな仕立て。人間工学に基づき、ドライバーを中心に考えられた運転席のスマートコックピット、様々な情報がひと目で確認できる10.2インチのフルデジタルインストルメントパネルを装備。6ウェイのフロント電動シートやシートヒーター、ステアリングヒーターといった快適装備も充実している。

スマートフォンをUSBポートに接続すれば、Apple CarPlayやAndroid Autoを介して7インチマルチメディアイージーリンクのタッチスクリーン上で、スマートフォン内の各種アプリが利用できる。これにより使いなれたスマートフォン内のナビゲーション機能や音楽再生、通話機能などが使用でき、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声入力での操作も可能だ。なお、センターコンソールにはUSBポートをふたつ、AUX入力ひとつを装備している。

このほか、アダプティブクルーズコントロールやレーンセンタリングアシスト、360°カメラ、イージーパーキングアシストなど、多くの先進運転支援機能も搭載されている。

4月23日からは東京・大阪・名古屋・福岡で先行展示・試乗会を開催!

アルカナの5月26日の日本発売に先駆け、ルノー・ジャポンは4月23日から東京・大阪・名古屋・福岡の4都市で先行展示・試乗会を開催する。会場や日程は以下のとおりで、試乗をご希望の場合はルノー公式WEBページ特設サイトから、事前の予約が必要だ。

●「新型ルノー・アルカナ全国4都市 先行展示・試乗会」
【東京会場】
開催日:4月23日(土)・24日(日)
会場:代官山T-SITE(東京都渋谷区猿楽町16-15)
【大阪会場】
開催日:4月30日(土)・5月1日(日)
会場:枚方T-SITE(大阪府枚方市岡東12-2)
【福岡会場】
開催日:4月30日(土)・5月1日(日)
会場:TSUTAYA BOOK  GARAGE福岡志免(福岡県糟屋郡志免町田富1丁目1-1)
【名古屋会場】
開催日:5月7日(土)・8日(日)
会場:名古屋みなと蔦屋書店(愛知県名古屋市港区港明2-3-2ららぽーと名古屋みなとアクルス)

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部