気になるアル/ヴェルのユーザーレビュー、初代から現行までをドーンと掲載!!

トヨタ・アルファード/ヴェルファイア| これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は?」

現行30型 アルファード Executive Lounge S ハイブリッド車(ホワイトパールクリスタルシャイン/オプション装着車/2017年モデル)
アルファード/ヴェルファイアはトヨタを代表する大型LLクラスの高級ミニバン、トヨタのミニバンのフラッグシップ・モデルだ。Motor-Fan TECHの会員の方々にもこのクルマのオーナーは少なくない。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところを見てみよう。

現行3代目アルファード/2代目ヴェルファイア(30系)(2015年-)

現行3代目(30系)アルファード G F パッケージ ハイブリッド車(ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク/オプション装着車/2018年モデル)
現行2代目(30系)ヴェルファイア ZG ガソリン車 2WD(バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク/オプション装着車/2018年モデル)

アルファード/ヴェルファイアはトヨタを代表する大型LLクラスの高級ミニバンであり、フラッグシップ・モデルだ。初代モデルはアルファードのみだったが、2代目で販売系列店の違う兄弟車のヴェルファイアが誕生。その後、3代目では販売系列の統一により、上品さや洗練さを強調したデザイン・テイストで仕上げられた方をアルファード、力強さや先進性を強調したデザイン・テイストで仕上げられた方をヴェルファイアと再定義された。

現行最新型は2015年にデビューした30系列で、アルファードは3代目、ヴェルファイアは2代目にあたる。アルファード、ヴェルファイアともにロアグリルまで一体となったかのような、押し出しの強い大型化されたフロントグリルが特徴で、ヴェルファイアは初代のイメージを継承する上下2段のヘッドライトでさらに強烈な個性を打ち出している。

リヤサスペンションにダブルウィッシュボーン式が採用されて走行性能が向上したほか、新エンジンの投入やトランスミッションの改良や新造などにより、さらなる燃費の向上がはかられている。また、安全装備の強化も大きな進化ポイントだ。

■2021年式 アルファード SCパッケージ 「大きくて運転しにくそうに見えますが、意外と見切りも良く運転しやすいです」

ニックネーム:カツヲ 年式・グレード: 2021年式 アルファード SCパッケージ 性別:男性(40代) 居住地域:兵庫県

ニックネーム:カツヲ 年式・グレード: 2021年式 アルファード SCパッケージ 性別:男性(40代) 居住地域:兵庫県

排気量:2.5ℓトランスミッション:CVT

平均燃費: 8.7km/ℓ{市街地5割、郊外(長距離)5割ぐらいです}

長所:見切りが意外と良い。レーダークルーズなどの運転支援のおかげもあり長距離が楽。

短所:サードシートの収納がダメ。どうやっても邪魔なのでシートを外すしかなかった。30系を2台乗り継いだのですが、最初ブラックでどうしても塗装が気に入らなかった。よく見ると波打っている。

評価

外観:★★★★★ カッコいいと思う。質感も気に入っている。

室内:★★★★☆ サードシートの収納だけもう少し綺麗に収めて欲しい。それ以外は気に入っている。

走行性能:★★★★★ とにかく運転は楽だと思う。

燃費性能:★★★★☆ 平均10km/ℓ超えて欲しいとこだけど、HVでもないし仕方ないか。

装備:★★★☆☆ディスプレイオーディオを外せないのが気に入らない。社外品が付けられない。

満足度:★★★★★

このクルマの購入を検討している人にひと言

「大きくて運転しにくそうに見えますが、意外と見切りも良く運転しやすいです。2列目のシートは非常に快適なので家族は大変喜ぶと思います。あとコロナ禍で打ち合わせの場所がない時に2列目シートは打ち合わせにも使いやすかったです」

■2021年式 アルファード GF 2WD 「グレード選びを慎重に。本当にその装備が欲しいかを、よく考えて」

ニックネーム:なりや 年式・グレード: 2021年式 アルファード GF 2WD 性別:男性(40代) 居住地域:京都

ニックネーム:なりや 年式・グレード: 2021年式 アルファード GF 2WD 性別:男性(40代) 居住地域:京都府

排気量:3.5ℓトランスミッション:AT

平均燃費: 8.5km/ℓ(短距離が7割、中長距離が3割。エコ運転+長距離だとよく伸びる)

長所: V6+3.5ℓパワーにつきる。このエンジンがなければ満足度は相当低かったと思う。大きな室内は魅力的。大柄なシート(特にセカンド)がスリムになれば相当な空間になると思われる。ステアリングの癖は感じない。合成皮革のシートは掃除しやすい。

短所: 個体差と思われるが、スライドドアのガタツキ異音がする(対応中)。個体差と思われるが、エアコン動作+Dレンジアイドリングのエンジン振動が強い。体的にデッドニングが必要と思わる。ドア閉じたときの音がチープ。

評価

外観:★★★★☆ 標準ボディを選んだので、他車とかぶる可能性が低く良いと思っているが、妻に言わせると違いがわからない…。

室内:★★★★☆ たっぷりとしたシート、前席のシートヒーターはGOOD。サードシートへのアクセス性は要注意。

走行性能:★★★★★ 2.5ℓでも大人しく走る分には問題ないだろうが、3.5ℓのパワー、V6の質感は、この時代のミニバンでは最期だと思う。ハンドリングについては気になることはなく、素直。

燃費性能:★★★★☆ 3.5ℓ+2tボディならばしかたがないと思う。エコモードで大人しく走れば予想以上に伸びる。

装備:★★★★☆ ACC、レーンキープアシストなどは発展途上かな。DAもヘビーユーザーではないので気にならない。バックモニター画面は粗いが気にならない。

満足度:★★★★☆高いグレードを買ったが、ベースは400万円を切るグレードと同じに感じるフシがいくらかある。エグゼクティブラウンジは高すぎると思う。

このクルマの購入を検討している人にひと言

「LLサイズ(?)ミニバンの選択肢が少ない中なので、必然的にアル/ヴェルを選ぶことになるかも知れないが、グレード選びを慎重に。ベース系グレードには付いてこない装備が多数あり、残念感や劣等感があるかも知れないが、本当にその装備が欲しいか?を、よく考えて。エグゼクティブパワーシートが本当に欲しい装備か?など、冷静に考えたい」

■2020年式 アルファード 2.5 SCパッケージ 「所有するだけで満足できる」

ニックネーム:FBJ 年式・グレード: 2020年式 アルファード 2.5 SCパッケージ 性別:男性(50代) 居住地域:東京都

ニックネーム:FBJ 年式・グレード: 2020年式 アルファード 2.5 SCパッケージ 性別:男性(50代) 居住地域:東京都

排気量:2.5ℓトランスミッション:CVT

平均燃費: 5.5km/ℓ(都内の近場がほとんど)

長所:広大な室内空間に、クオリティの高い装備品。車内は遮音性も高く、ハンドリングも良い。

短所:車重があるため、燃費は良くない。

評価

外観:★★★★★ 圧倒的な存在感は唯一無二。

室内:★★★★★ デザインは品が良く、心地よく、くつろげる。

走行性能:★★★★★ 普段使いに不満なし。

燃費性能:★★★☆☆ このクラスに燃費は期待してはいけない。

装備:★★★★★ LKA,AHBなど使うと大変便利であった。

満足度:★★★★★ 所有するだけで満足できる。

このクルマの購入を検討している人にひと言

「いつかはアルファードと思い、やっと購入できたため、満足度は相当高いです。短期の乗り換えでも評価額が下がらないため有利ですし、逆に長く乗るのも、これまた良しだと思います」

■2020年式 アルファード GF 「室内の豪華さや広さは素晴らしいです」

ニックネーム: Redfiled 年式・グレード:2020年式 アルファード GF 性別:男性(30代) 居住地域:神奈川

ニックネーム: Redfiled 年式・グレード:2020年式 アルファード GF 性別:男性(30代) 居住地域:神奈川県

排気量:3.5ℓトランスミッション:T

平均燃費:8.0km/ℓ(街乗りメイン)

長所:3.5ℓエンジンの静粛性。車内の広さ。

短所:サイズが大きく取り回しに苦労する。煽られる事がたまにある。

評価

外観:★★★★☆

室内:★★★★★

走行性能:★★★★☆

燃費性能:★★★★☆ 街乗りの3.5ℓで8km/ℓは優秀だと感じる。

装備:★★★★★

満足度:★★★★☆

このクルマの購入を検討している人にひと言

「室内の豪華さや広さは素晴らしいです」

■2018年式 アルファード Z Gエディション 「走行性能にこだわらなければおススメ」

ニックネーム:へろすぃ 年式・グレード:2018年式 アルファード Z Gエディション 性別:男性(30代) 居住地域:大阪

ニックネーム:へろすぃ 年式・グレード:2018年式 アルファード Z Gエディション 性別:男性(30代) 居住地域:大阪府

排気量:2.5ℓトランスミッション:CVT

平均燃費:8.0km/ℓ(ほぼ市街地)

長所:室内がとにかく広い。セカンドシートが豪華。シートヒーター、ハンドルヒーターなど、装備の使い勝手も良い。

短所:大きすぎて運転しづらい。燃費が悪い。風の影響を受けやすい。

評価

外観:★★★★☆ 高級感がある。

室内:★★★★★ とにかく広いので、車内で子どもの着替えも手伝いやすい。

走行性能:★☆☆☆☆ 車重が重いのでパワー不足。

燃費性能:★☆☆☆☆ 車重が重いので燃費が悪い。

装備:★★★★☆ 使い勝手の良い装備が多いが、ネットワークは3G回線のため遅い。

満足度:★★★☆☆ 高級感と装備は抜群だが、走行性能と燃費に難あり。

このクルマの購入を検討している人にひと言

「走行性能にこだわらなければおススメ」

■2018年式.アルファード GF FF車 「このクルマの特性からすればV6がいいです」

ニックネーム:ベテラン新入社員 年式・グレード: 2018年式 アルファードGF FF車 性別:男性(50代) 居住地域:神奈川

ニックネーム:ベテラン新入社員 年式・グレード: 2018年式 アルファードGF FF車 性別:男性(50代) 居住地域:神奈川県

排気量:3.5ℓトランスミッション:AT

平均燃費:8.0km/ℓ(都心80%、郊外20%。最高9.7km/ℓ、最低5.7km/ℓ)

長所:大きさの割に運転し易く、狭い道もそれほど苦にならない。足まわりが意外とスポーティで楽しい。ロールが意外と少ない。V6は室内に入る音が重厚で伝わる振動が滑らか。4気筒の様な安っぽさが無い。

短所:リヤサスのストロークが少ないのかバンプに当たる。トヨタセーフティセンスがアイサイトよりも劣る。リヤハッチの電動開操作がハッチのスイッチで出来ないのが面倒くさい。

評価

外観:★★★★★ ボディサイドの鉄板の曲げ方は綺麗だと思う。

室内:★★★★★ 長時間乗っていても飽きない視覚と配色。

走行性能:★★★★☆ 3列目に人が乗るとリヤサスのストロークの無さが痛い。

燃費性能:★★★★☆ この大きさと、いざという時のパワーを考えれば許容範囲。

装備:★★★☆☆ メーカーナビは使いにくいのでアルパイン製に替えた。

満足度:★★★★★ 全く問題ない。

このクルマの購入を検討している人にひと言

「このクルマの特性からすればV6がいいです。4気筒も所有していましたが排気音の重厚感、足裏から伝わる振動などは多気筒はザラつきがなく滑らかです。パワーはターボではないので数字ほど期待出来ませんが、高回転までスムーズに上昇するいかにも大排気量自然吸気エンジンです。もうこういうエンジンを載せる事はニ度とないでしょう。2.5Lはバランスが良いと思います。クラウンもそうですが6気筒は欲しいです。今の時代に合ってないですが」

2代目アルファード/初代ヴェルファイア(20系)(2008年-2015年)

2代目(20系)アルファード 特別仕様車240S TYPE GOLD ll 2WD(ブラック/オプション装着車/2013年モデル)
初代(20系)ヴェルファイア 特別仕様車 2.4Z GOLDEN EYES ll 2WD(ブラック/オプション装着車/2013年モデル)

2代目アルファードにあたる20型は2008年に登場し、ネッツ店向けの兄弟車・ヴェルファイアが誕生した。フロントにRAV4などと同じ新MCプラットフォームを使用し、リヤはオリジナル専用設計となる3代目(50系)エスティマと同じミニバン用プラットフォームが使用されているが、無論、上物など各部の仕立てはアルファード/ヴェルファイアの方が上級である。2.4ℓエンジンは初代モデル同様の2AZ-FE型が継承されたが、3.5ℓはエスティマと同じV6の2GR-FE型に変更されている。また、2011年に登場したマイナーチェンジ・モデル、いわゆる後期型から、リダクション機構付THS-IIをハイブリッド・システムとするハイブリッド・モデルが再投入された。

■2012年式 ヴェルファイア ハイブリッド 「トヨタの高級ミニバンですので間違いないです」

ニックネーム:Terry 年式・グレード: 2012年式 ヴェルファイア ハイブリッド 性別:男性(50代) 居住地域: 静岡県

ニックネーム:Terry 年式・グレード: 2012年式 ヴェルファイア ハイブリッド 性別:男性(50代) 居住地域: 静岡県

排気量:2.4ℓトランスミッション:AT

平均燃費: 10〜11km/ℓ(街乗りも高速も燃費は変わりません)

長所:スタイルが気に入っているのと、アクセルを踏んだ時の加速感は良いです。内装や装備が良い。室内が広く、シートも高級感あり。

短所:車重が重く、社外ホイールのリムが割れました。燃費が思ったほど良くない。スマートキーの効きが悪い。

評価

外観:★★★★★

室内:★★★★☆

走行性能:★★★★☆

燃費性能:★★★☆☆

装備:★★★★☆

満足度:★★★★★

このクルマの購入を検討している人にひと言

「トヨタの高級ミニバンですので間違いないです」

■年式不明 ヴェルファイア ANH20 V 「もうすぐ40が出ると思いますので待ちましょう」

ニックネーム:ishiishi年式・グレード: 年式不明 ヴェルファイア ANH20 V性別:男性(40代) 居住地域: 愛知県

排気量:2.4ℓトランスミッション:CVT

平均燃費:9.0km/ℓ(街中メイン、通勤)

長所:広さ。デザインの潔さ。

短所:4気筒のエンジン音は多気筒にくらべるとチープ。かつ自分のクルマに搭載のエンジンはオイル無くなるリコール仕様。期間内だったのでエンジン載せ替えした。30系の方が明らかに乗り心地良い。20はミニバンとしてはふつうだが…デザインが許せれば30の方が良い。

評価

外観:★★★★☆ 清潔感あるライン。30系ほどオラオラすぎないデザイン。

室内:★★★★☆ 3席目の格納は最新のノア/ヴォクの良さが気になります。良いですけどね!

走行性能:★★☆☆☆ まぁ、ワンボックスだから。排気量や重量の割にはトルクに振ったセッティングが好感持てます。スポーツカーじゃ無いし。

燃費性能:★★★☆☆ 普通です。

装備:★★★☆☆ 最新モデルでは無いし。

満足度:★★★★☆ 遮音性、エンジン音。新車では買おうと思えないが、中古ならまだマージナブル。3万走っただけで半額になるからなー。

このクルマの購入を検討している人にひと言

「もうすぐ40が出ると思いますので待ちましょう」

初代アルファード(10系)(2002年-2008年)

初代(10系)アルファード G MZ G Edition(オプション装着車/2005年モデル)

日産エルグランドが先鞭をつけた大型高級ミニバン市場で、エルグランドを追撃するべくトヨタが投入したのがアルファード。エルグランドを徹底して研究、高級感と豪華さを前面に打ち出してユーザーの心をつかみ、さらに価格や税制などの面で有利となる2.4ℓエンジン仕様を投入したことで販売も有利に進め、一気にクラス・トップの座についた。2代目30/40系エスティマと同じプラットフォームを用いて作られているものの、エスティマの上級版というイメージは当初から完全に切り捨てており、独自の魅力を訴求したことも奏功した。エンジンは2.0ℓのV6と2.4ℓの直4だが、2003年にハイブリッド車が加わっている。

■2008年式 アルファード ASリミテッド 4WD 「3500以外は走行性能を期待してはいけない」

ニックネーム:ねもっちょ 年式・グレード: 性別:男性(50代) 居住地域:千葉県

ニックネーム:ねもっちょ 年式・グレード: 性別:男性(50代) 居住地域:千葉県

排気量:2.4ℓトランスミッション:AT

平均燃費:8.5km/ℓ(郊外メイン。高速での長距離移動も多い)

長所:運転席からの視界が広い。前席への乗り降りが楽。

短所:燃費と小回り性能はもう少し何とかしてもらいたい。8人乗りなので2列目の乗り心地がいまいち。登坂はパワー不足。

評価

外観:★★★★☆

室内:★★★★☆

走行性能:★★★☆☆

燃費性能:★★★☆☆

装備:★★★★☆

満足度:★★★☆☆

このクルマの購入を検討している人にひと言

「2列目に人を乗せるのであれば7人乗り一択。3500以外は走行性能を期待してはいけない」

■2005年式 アルファード グレードAS 「初代はかなり中古車が安いので広くて見栄えがする車を安く買いたいならあり」

ニックネーム:きよ 年式・グレード:2005年式 アルファード グレードAS 性別:男性(50代) 居住地域: 兵庫県

ニックネーム:きよ 年式・グレード:2005年式 アルファード グレードAS 性別:男性(50代) 居住地域: 兵庫県

排気量:2.4ℓトランスミッション:AT

平均燃費:6.0km/ℓ(市街地5km/ℓ、高速7km/ℓ程度。最近は高速が多い)

長所:初代なのでサイズがあまり大きく無い。初代はBピラーの張り出しがましなので斜めの視界は良い。タイミングチェーンなので耐久性が有る。

短所:フロントエンジンなのにすぐホイールスピンする。オイルの消費が激しい。

評価

外観:★☆☆☆☆

室内:★☆☆☆☆

走行性能:★☆☆☆☆

燃費性能:★☆☆☆☆

装備:★☆☆☆☆

満足度:★☆☆☆☆

このクルマの購入を検討している人にひと言

「初代はかなり中古車が安いので広くて見栄えがする車を安く買いたいならあり」

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部